色んな意味で超危険!?「異種族レビュアーズ」アニメ化決定!原作・天原「何故かアニメ化してしまいました」 | アニメ!アニメ!

色んな意味で超危険!?「異種族レビュアーズ」アニメ化決定!原作・天原「何故かアニメ化してしまいました」

天原原作のコミック『異種族レビュアーズ』が、2020年冬にTVアニメ化決定。監督には『劇場版 フリクリ プログレ』『みるタイツ』の小川優樹らが名を連ねた。

ニュース
『異種族レビュアーズ』ティザービジュアル(C)天原・masha/株式会社KADOKAWA/異種族レビュアーズ製作委員会
  • 『異種族レビュアーズ』ティザービジュアル(C)天原・masha/株式会社KADOKAWA/異種族レビュアーズ製作委員会
  • 『異種族レビュアーズ』原作者お祝いイラスト(C)天原・masha/株式会社KADOKAWA/異種族レビュアーズ製作委員会
  • 『異種族レビュアーズ』(C)天原・masha/株式会社KADOKAWA/異種族レビュアーズ製作委員会
  • 『異種族レビュアーズ』(C)天原・masha/株式会社KADOKAWA/異種族レビュアーズ製作委員会
天原原作のコミック『異種族レビュアーズ』が、2020年冬にTVアニメ化決定。監督には『劇場版 フリクリ プログレ』『みるタイツ』の小川優樹が担当するほかメインスタッフが明らかになった。
アニメ化について天原は「内容が内容ですので連載当初からアニメ化ゲーム化などの可能性を一切考慮せずやりたい放題に描いた結果、何故かアニメ化してしまいました」とコメントを寄せている。

『異種族レビュアーズ』は、原作・天原、作画・mashaがニコニコ漫画の「ドラドラしゃーぷ#」にて連載中の“色んな意味で超危険な最先端ファンタスティックコメディ”。

舞台は人間だけではなく、エルフ、獣人、悪魔に天使と、あらゆる異種族が混在し、暮らしている世界。そこには当然、あらゆる異種族のスケベなお店もあるわけで。
足しげくムフフなサービスをしてくれるお店に通う人間の冒険者・スタンクは、ある日、種族間の(性的な意味での)感性の違いで悪友のエロエルフ・ゼルと衝突する。

決着の方法は…嬢のレビュー!? あらゆる異種族娘のサービスをクロスレビュー方式で採点し、他の仲間達への“お役勃ち”情報として提供していくスタンクたちの活躍は、まさに性戦士のごとし。今日もレビュアーズたちは新たな快楽を求めて旅勃って行く。

監督には『劇場版 フリクリ プログレ』『みるタイツ』の小川優樹、キャラクターデザインには『RAIL WARS!』のうのまこと、シリーズ構成には『転生したらスライムだった件』の筆安一幸。アニメーション制作は『ハイスクールDxD HERO』のパッショーネが担当することとなった。

TVアニメ『異種族レビュアーズ』は、2020年冬より放送。
なお、「ドラドラしゃーぷ#」内の『異種族レビュアーズ』作品サイトにて、アニメ化記念マンガが公開された。

<以下、コメント全文掲載>


【原作:天原】


内容が内容ですので連載当初からアニメ化ゲーム化などの可能性を一切考慮せずやりたい放題に描いた結果、何故かアニメ化してしまいました。
おそらくアニメもやりたい放題な感じに仕上がってくると信じておりますので、いち視聴者として完成を楽しみに待っております。

【作画:masha】


自分の描いてきたキャラたちが地上波アニメで喋って動く、そんな光景を目にする日が来るとは思ってもいませんでした。
スタンクやゼル達が酒を飲んで馬鹿話をするあられもない姿をテレビの前で皆さんと一緒に見ることができる日が今から楽しみです!

【STAFF 】
原作:天原 作画: masha
(「異種族レビュアーズ」/KADOKAWA 刊)
監督:小川優樹
シリーズ構成:筆安一幸
キャラクターデザイン:うの まこと
アニメーション制作:パッショーネ


(C)天原・masha/株式会社KADOKAWA/異種族レビュアーズ製作委員会
《MoA》
【注目の記事】[PR]

編集部おすすめのニュース

特集