「マリオ&ソニック AT 東京2020オリンピック」大橋Pインタビュー 東京オリンピックの予習としても! | アニメ!アニメ!

「マリオ&ソニック AT 東京2020オリンピック」大橋Pインタビュー 東京オリンピックの予習としても!

『マリオ&ソニック AT 東京2020オリンピック』プロデューサー・大橋宣哉氏へ、お話を伺ってきました。

インタビュー
東京オリンピックの予習としても!『マリオ&ソニック AT 東京2020オリンピック』大橋Pインタビュー
  • 東京オリンピックの予習としても!『マリオ&ソニック AT 東京2020オリンピック』大橋Pインタビュー
  • 東京オリンピックの予習としても!『マリオ&ソニック AT 東京2020オリンピック』大橋Pインタビュー
  • 東京オリンピックの予習としても!『マリオ&ソニック AT 東京2020オリンピック』大橋Pインタビュー
  • 東京オリンピックの予習としても!『マリオ&ソニック AT 東京2020オリンピック』大橋Pインタビュー
  • 東京オリンピックの予習としても!『マリオ&ソニック AT 東京2020オリンピック』大橋Pインタビュー
  • 東京オリンピックの予習としても!『マリオ&ソニック AT 東京2020オリンピック』大橋Pインタビュー
  • 東京オリンピックの予習としても!『マリオ&ソニック AT 東京2020オリンピック』大橋Pインタビュー
  • 東京オリンピックの予習としても!『マリオ&ソニック AT 東京2020オリンピック』大橋Pインタビュー

2020年に開催予定の東京オリンピック(もう来年だ…!)。そのオフィシャルゲームのひとつとして、2019年11月の発売が予定されているニンテンドースイッチ向けタイトル『マリオ&ソニック AT 東京2020オリンピック』がE3 2019に出展していました。


今回のE3、セガブースは本作をかなり前面に押し出した作りとなっており、試遊エリア一帯は陸上競技のトラックをイメージ。さらに、実際にクライミング体験ができる巨大なタワーも建っていました。筆者はビビりなので体験できませんでしたが、ウエストホール入ってすぐのところに建つタワーのインパクトは絶大。連日多くの参加者で賑わっていました。

クライミングは怖くてできなかったので、代わりにブース内にて試遊に興じてきた筆者。遊んだのは、アーチェリーです。ジョイコンを両手に持ち、実際に弓を引くのと同じ動きで、Rボタンを押しながら右手のジョイコンを引き、左手のジョイコンで狙いを定めます。2射1セットで、的は1セット毎に遠くなっていく上に、風向きや重力も考慮する必要があります。結構本格的です。プルプル震える左手を抑えるため、射撃の瞬間には息を止め、体にグッと力を入れていたので、終わってみると程よい疲労感が…。日頃の運動不足を感じました。

試遊後、本作のプロデューサーを務める大橋宣哉氏へお話を伺うことができました。オフィシャルゲームとしてかなり気合が入っているようなので、ご期待下さい。


――大橋さんが、このシリーズにどのような形で関わっているのかを教えてください。

大橋氏:『マリオ&ソニック』シリーズですが、2007年に発売されたWii/DS『マリオ&ソニック AT 北京オリンピック』が1作目で、本作『マリオ&ソニック AT 東京2020オリンピック』は6作目となります。私は北京から関わっておりまして、本作ではプロデューサーとして携わっています。

――長いシリーズになりますが、本作の一番の特徴は何ですか?

大橋氏:ハードがスイッチになったこと、そして東京で新しくオリンピック種目になったもののうち、4種目が製品版に収録されています。E3 2019でも体験できる、スケートボード・空手・サーフィンに加えてスポーツクライミングですね。ぜひ、実際のオリンピックが始まる前にそのスポーツを知って、より楽しんでいただければと思います。あとは競技衣装について、これまではマリオがオーバーオールでプールを泳いでいて、「あれ?」と思われてた方もいらっしゃると思います。今回は、空手であれば道着を着て、水泳であれば水着と、種目ごとに衣装が変わるようになりました。クッパなど一部のキャラクターは衣装変更がない場合もあるのですが。


――ソニックも衣装が変わるんですね。

大橋氏:はい。空手のときはちゃんと道着を着ます!ただ、キャラクター的にズボンは履かないので、上着だけ羽織って少しかっこいい感じになっています。

――衣装は競技に対して固定ですか?

大橋氏:それぞれの競技に適したものに設定されますね。障害馬術やフェンシングは特殊な衣装になっているほか、E3の出展では水泳系が出ていないので、今後の情報を楽しみにしていてください!

――ハードがスイッチになったことで、操作に関する変更はありましたか?

大橋氏:1作目のWii版はかなり体感重視のゲームとなっており、以降もそうした流れがしばらく続いていました。ただ、やはりスポーツゲームなので、よりシビアなボタンのタイミング、キャラクターの移動操作を求められるお客様も多くいらっしゃいました。そこで、前作の『マリオ&ソニック AT リオオリンピック』ではボタン操作に特化し、スポーツゲームとしてのおもしろさを全面に出しました。

今回、スイッチになったことで、全種目ボタン操作で遊べるだけでなく、ジョイコンを使った体感操作が可能です。サッカーなどボタン操作のほうがやりやすいものには対応していませんが、円盤投げやバトミントンでラケットを振るなどのアクションは、ボタンだけでなくジョイコンでの体感操作もできます。


――先ほど試遊させていただいたアーチェリーもまさにそうですね。

大橋氏:そうですね。実は弓を引く右手のジョイコンが振動していたことに気が付きましたか?

――そうだったんですね。先程は狙いに集中してしまい気づきませんでした(笑)。体幹操作は程よい疲労感が得られるのもスポーツゲームらしくて非常に良い点だと思います。そんな本作の、収録される競技の数はどれぐらいになりますか?

大橋氏:21のオリンピック種目に加え、過去シリーズからドリーム競技が3つ入っています。計24種目ですね。

――ドリーム競技とはどのようなものになるのでしょうか。

大橋氏:実際のオリンピック種目をベースに、世界観をマリオやソニックなどに変えたファンタジー系の競技です。シューティングは射撃、ドリーム空手は空手が元になっていますが、オリンピック種目とは違う遊び方や雰囲気が味わえます。ルールもドリーム競技独自のものなので、ぜひ楽しんでいただければと思います。

――改めて見ると、いろいろな種目がありますよね。

大橋氏:種類も多く、パッケージでいうとかなりボリューム感のある内容になっています。人気のスポーツは考慮して入れていますが、似たようなものばかりにならないよう、操作やルールにバラエティ感のあるものを用意しています。同じ陸上競技でも投げたり飛んだり、格闘でも空手とボクシングといったように、遊び心地が全然違うようなチョイスをしました。

――ちなみに、競技選択画面にある「????」というのは一体…?PVでもそれらしきものがチラッとだけ映っていましたが。

大橋氏:それに関しては、今後のオープンになっていく情報を楽しみにしていただければと思います(笑)。おもしろいものになっていますので。


――今回は東京が開催地ということで、意識されたことはありますか?

大橋氏:自分が生きている間に、東京でオリンピックが開催されるのは最初で最後だと思います。そのタイミングで『マリオ&ソニック』シリーズを作ってお客様にお届けできるので、僕だけでなく開発からマーケティングまで全員が気合の入れ方が違いますね。

――アーチェリーでは、背景にスカイツリーが建っているなど、東京の名所も見られましたね。

大橋氏:気づいていただいて嬉しいです!他にも、クライミングはお台場で実施されるため、フジテレビの社屋などが見られますよ。オリンピック委員会の方と実際に会場の取材をして、そこから見える風景をデザインしました。ゲームが始まってしまうと気が付きづらい所ではありますが、見ていただけるとデザイナーは大喜びします!

――背景や競技場を含めたロケーションを楽しむこともできそうですね。

大橋氏:屋内競技でも、競技場が完成していない場所はオリンピック委員会から図面やデータをもらって、ゲームの中で再現しています。ただ、僕らも会場が完成してテレビ中継などされないと合っているか分からないので、ドキドキではあります(笑)。

――発売が2019年11月なので、オリンピックまでの予習にもなりそうです。アーケード版も予定されていると思いますが、こちらは前作と変わらず体感系になりますか?

大橋氏:そうですね、体感操作になる予定です。

――以前は、オリンピックの選手村に筐体が置かれていたりもしましたね。

大橋氏:リオの時ですね。選手村のレクリエーションエリアに、アーケード筐体、WiiU・3DS版を置いていただき、選手の方がプレイしてTwitterやFacebookにあげられていました。今回も置いていただけるなら楽しんでほしいですね。

――ありがとうございました。では、最後にメッセージをお願いします。

大橋氏:独占でゲーム化のライセンスをいただき、オフィシャルゲームを出せるのは我々セガだけです。責任を持って社員一丸となり、気合を入れてクオリティの高いものを作っていきたいと思います!




『マリオ&ソニック AT 東京2020オリンピック』は、ニンテンドースイッチ向けに2019年11月発売予定です。

東京オリンピックの予習としても!『マリオ&ソニック AT 東京2020オリンピック』大橋Pインタビュー

《すえなが》
【注目の記事】[PR]

編集部おすすめのニュース

特集