山本寛監督「薄暮」映画の舞台・福島県いわき市で特別鑑賞会を開催 舞台挨拶レポート | アニメ!アニメ!

山本寛監督「薄暮」映画の舞台・福島県いわき市で特別鑑賞会を開催 舞台挨拶レポート

6月6日、山本寛監督が贈る劇場アニメ『薄暮』(6月21日公開)が、映画の舞台となった福島県いわき市の昌平高校にて舞台挨拶付き特別鑑賞会を開催した。舞台挨拶には桜田ひより、赤池紗也加、広江美奈、そして山本監督が登壇。同高校の現役学生たちにいち早く映画を届けた。

ニュース
『薄暮』昌平高校特別鑑賞会 オフィシャルスチール(C)Yutaka Yamamoto/Project Twilight
  • 『薄暮』昌平高校特別鑑賞会 オフィシャルスチール(C)Yutaka Yamamoto/Project Twilight
  • 『薄暮』昌平高校特別鑑賞会 オフィシャルスチール(C)Yutaka Yamamoto/Project Twilight
  • 『薄暮』昌平高校特別鑑賞会 オフィシャルスチール(C)Yutaka Yamamoto/Project Twilight
  • 『薄暮』昌平高校特別鑑賞会 オフィシャルスチール(C)Yutaka Yamamoto/Project Twilight
6月6日、山本寛監督が贈る劇場アニメ『薄暮』(6月21日公開)が、映画の舞台となった福島県いわき市の昌平高校にて舞台挨拶付き特別鑑賞会を開催した。舞台挨拶にはヒロイン小山佐智の声優を務めた主演・桜田ひより、共演の赤池紗也加、広江美奈、そして山本監督が登壇。同高校の現役学生たちにいち早く映画を届けた。

主演の桜田は、「映画のモデルの高校に今日こうして戻ってこれて、学校の下の坂道など何回もみた景色なので、『帰ってきたなあ』となつかしい感じがします。こうして生徒のみなさんが同じ制服をきている姿をみると『青春をしているなあ』と感慨深いです」とコメント。
初挑戦となったアフレコを「台本のページを音をたてずにめくることが難しく、家で何度も練習をしました。ひとりでアフレコをしている時は、ボールの壁打ちをしているような感じがしていましたが、祐介役の加藤清史郎さんと二人でアフレコをしてみると、加藤さんのセリフひとつひとつに想いがこもっているので、私もセリフの受け止め方も返し方も感情の出し方も変わり違っていったので、すごく助けられました」と振り返る。

山本監督は、昌平高校について「2年前くらいから通っており、映画の中でありとあらゆる昌平高校の映像をおさめられたと思います」と言及。
続けて、「『薄暮』という福島を舞台にした作品は、震災をきっかけに立ち上げて手がけてきた映画シリーズの最後の作品です。今回、福島を美しく描くことに専念しました。この映画を通して、県内、県外、世界の方々に福島を感じてもらい、遊びにきていただけたらと思います」と作品への想い入れも語った。

赤池は、声優デビュー作となった『薄暮』について「皆様に観ていただけて本当に嬉しいです。アニメ映画の文化のひとつともなっています『聖地巡礼』の現象がありますが、今日、こうして舞台となった高校に足を運べ、生の高校生活を体感できたことは貴重な経験です」とトーク。
広江は、実在の人物を演じたことについて「私は主役の佐智が乗り降りしている湯本駅前にあるワイワイショップの店員を演じましたが、皆さんが知っていて愛されている店員のお姉さんを演じることができて楽しかったです」との想いを述べたほか、昌平高校の学生たちへ「皆さんの制服、そして皆さんの学校が舞台になっている映画が誕生しましたので、宜しくお願いします!」と応援を呼び掛けた。

最後には、桜田が「昌平高校の皆さんと同じ制服を着ながら、映画の主題歌『とおく』のミュージックビデオ撮影をいわきでできたこと、そして、声優初挑戦となった『薄暮』という映画に携わること、それが私の中でとても貴重で宝物な経験となりました。私も皆さんと同じ高校生なので、一緒に高校生活をこれからも楽しみましょう!」と挨拶。映画のアピールをしながら締めくくった。

映画『薄暮』は、6月21日よりポレポレシネマズいわき小名浜ほかにて全国公開。

(C)Yutaka Yamamoto/Project Twilight
《仲瀬 コウタロウ》
【注目の記事】[PR]

編集部おすすめのニュース

特集