「超可動ガール1/6」ノーナvsベルノア... 春人への愛を賭けた戦いが始まる! 第6話先行カット | アニメ!アニメ!

「超可動ガール1/6」ノーナvsベルノア... 春人への愛を賭けた戦いが始まる! 第6話先行カット

TVアニメ『超可動ガール1/6』より、TOKYO MXにて5月13日(月)に放送される第6話「ラブしても ラブしても」のあらすじと先行カットが到着した。

ニュース
『超可動ガール1/6』第6話先行カット(C)OYSTER /双葉社・「超可動ガール1/6」製作委員会
  • 『超可動ガール1/6』第6話先行カット(C)OYSTER /双葉社・「超可動ガール1/6」製作委員会
  • 『超可動ガール1/6』第6話先行カット(C)OYSTER /双葉社・「超可動ガール1/6」製作委員会
  • 『超可動ガール1/6』第6話先行カット(C)OYSTER /双葉社・「超可動ガール1/6」製作委員会
  • 『超可動ガール1/6』第6話先行カット(C)OYSTER /双葉社・「超可動ガール1/6」製作委員会
  • 『超可動ガール1/6』第6話先行カット(C)OYSTER /双葉社・「超可動ガール1/6」製作委員会
  • 『超可動ガール1/6』第2弾キービジュアル(C)OYSTER /双葉社・「超可動ガール1/6 」製作委員会
TVアニメ『超可動ガール1/6』より、TOKYO MXにて5月13日(月)に放送される第6話「ラブしても ラブしても」のあらすじと先行カットが到着した。

『超可動ガール1/6』第2弾キービジュアル(C)OYSTER /双葉社・「超可動ガール1/6 」製作委員会
原作は「月刊アクション」にて、2016年まで連載されていたOYSTERによる同名コミックだ。
主人公は、三次元(現実)の女性に興味が無い硬派なオタク・房伊田春人。ある日購入した大好きなアニメのヒロイン・ノーナの美少女フィギュアが突然動き出したことで始まる、“超身長差ラブコメ”だ。


第6話「ラブしても ラブしても」場面カット【画像クリックでフォトギャラリーへ】
第6話では、春人たちは『ドラグリウスサーガ』の世界からなんとか帰還。しかしその冒険のなかでベルノアが春人に好意を抱いてしまっていた。正妻を自称するノーナとベルノア、ふたりの愛を賭けた戦いの火蓋が切って落とされる……。


第6話「ラブしても ラブしても」場面カット【画像クリックでフォトギャラリーへ】
『超可動ガール1/6』第6話「ラブしても ラブしても」は、AT-X、TOKYO MXにて“ふたばにめ!”枠ほかにて放送。

【放送情報】
2019年4月よりTOKYO MX、AT-X、BSフジ
“ふたばにめ!”枠内にて放送開始!

TOKYO MX 毎週月曜日24:00~
AT-X 毎週土曜日23:00~
リピート放送:毎週(日)26:30/毎週(火)15:00/毎週(金)7:00
BSフジ 毎週火曜日24:00~

【メインスタッフ】
原作:OYSTER『超可動ガール1/6』
(双葉社『アクションコミックス』刊)
監督:元永慶太郎
シリーズ構成:日暮茶坊
キャラクターデザイン:山名秀和
アニメーション制作:studio A-CAT

(C)OYSTER /双葉社・「超可動ガール1/6」製作委員会
《松本 翼》
【注目の記事】[PR]

編集部おすすめのニュース

特集