「アリアーテ学園」初のリアルイベント開催!ファンと一体になって行う企画が盛りだくさん | アニメ!アニメ!

「アリアーテ学園」初のリアルイベント開催!ファンと一体になって行う企画が盛りだくさん

魅力的なキャラクターとイケメンボイスで話題になっているVTuberプロジェクト『アリアーテ学園』のリアルイベントが、3月17日にオトメイトスクエアにて開催された。

イベント・レポート
「アリアーテ学園」初のリアルイベント開催!ファンと一体になって行う企画が盛りだくさん
  • 「アリアーテ学園」初のリアルイベント開催!ファンと一体になって行う企画が盛りだくさん
  • 「アリアーテ学園」初のリアルイベント開催!ファンと一体になって行う企画が盛りだくさん
  • 「アリアーテ学園」初のリアルイベント開催!ファンと一体になって行う企画が盛りだくさん
  • 「アリアーテ学園」初のリアルイベント開催!ファンと一体になって行う企画が盛りだくさん
  • 「アリアーテ学園」初のリアルイベント開催!ファンと一体になって行う企画が盛りだくさん
  • 「アリアーテ学園」初のリアルイベント開催!ファンと一体になって行う企画が盛りだくさん
  • 「アリアーテ学園」初のリアルイベント開催!ファンと一体になって行う企画が盛りだくさん
  • 「アリアーテ学園」初のリアルイベント開催!ファンと一体になって行う企画が盛りだくさん
魅力的なキャラクターとイケメンボイスで話題になっているVTuberプロジェクト『アリアーテ学園』のリアルイベントが、3月17日にオトメイトスクエアにて開催された。


イベントでは、“芸能部”の陽有葵(みなみ ゆうき)、柊昴汰(ひいらぎ こうた)、花柳六花(はなやぎ りっか)、そして顧問の百合澤雅(ゆりさわ みやび)が、集まったファンを前にさまざまなトークや企画を繰り広げた。

『アリアーテ学園』とは、YouTubeを活動のメインの場とした、“歌・男性アイドル×学園”がコンセプトの2次元アイドルプロジェクト。個性豊かな生徒たちが集う「私立アリアーテ学園」を舞台に、有葵ら「芸能部」に所属する彼らが成長し夢を実現していく姿を描いている。
3人のアイドル活動は、YouTube公式チャンネル「アリアーテチャンネル」で公開中。人気楽曲をカバーする「歌ってみた」や、さまざまなお題にチャレンジする「部活動画」、彼らがアイドルとして成長していく姿を描く「ストーリー動画」などバラエティに富んでおり、今最も注目を集めるコンテンツとなっている。


“学園”らしく、イベントはチャイムの音をきっかけにスタート。しかし、肝心のメンバーは揃っておらず、なんと柊が遅刻しており、花柳が迎えに行くことに。その間の場つなぎとして百合澤先生がトークを繰り広げるも、観客に聞こえてはいけない裏事情をマイクを通して話してしまう場面も。

それもそのはず。『アリアーテ学園』のリアルイベントは、これが初開催。「こうしたイベントは俺も部員も初めてのことだから、どうか多めに見てやってほしい」と百合澤先生からのお願いに、観客は「はい!」と良い返事で応える。

ここでようやく部員が揃い、企画がスタート。まず行われたのは、ファンからのQ&Aコーナー。「かわいいと言われるのは嫌じゃないですか?」という質問には、まず柊から答えることになるも、「なるべくは、漢たるもの、かっこいいと、言われたいのは、やまやまですが、……」としどろもどろ。「長いよ!」と百合澤先生に突っ込まれてしまい、「なんでもいいです!」と答える始末。
さらに、続く陽の答え「かわいいから、だんだん時を経てかっこいい男になれるよう頑張ります!」と花柳の答え「かわいいって言われると恥ずかしいけど、どんな言葉でも褒めてくれると嬉しい」に、「俺もそれが言いたかったんです!」と便乗し、観客の笑いを誘う場面も。

また、「平成の次の元号は何だと思いますか?」という質問が飛び出すと、なぜか大喜利大会に発展。「はい!」と元気よく手を挙げて先陣を切った陽の回答は「キラキラ」。あまりの脈絡のなさから、百合澤先生から「聞かなかったことにする」と即座に突っ込まれる。
続く花柳の回答は、「芸能」。これには百合澤先生も他の部員も「お~!」と納得の表情を浮かべた。




その他にも、質問ではなく「いないいないばぁをしてください」というお願いにも快く応え、観客から「かわいい~!」と絶賛する声が挙がる。

続いては、「クイズ1/18」のコーナー。18人いる観客の中で、1人だけに該当する質問をしなければならず、失敗すれば罰ゲームが待ち受ける……。
しかし、難しいかと思いきや、柊が「ボーリングのスコアで200以上出したことがある人」という質問で早々に成功。「あなたは命の恩人です!」と大いに喜んだ。


その後はなかなか成功者が出ず、罰ゲームである「変な語尾をつけてしゃべる」芸能部メンバーが続出。そんな中、百合澤先生も挑戦することになるも「映画やドラマにエキストラとして出演したことがある人」という質問で失敗。「どう落とし前つけてもらおうかな」と悪い顔を浮かべた生徒たちの企みにより、オネエ言葉で話すことに。
さらに「百合子先生」と呼ばれ始め、「なんで俺だけ性別まで変えるんだよ」と不満を漏らすも、最後まできちんと“百合子先生”を演じきった。



最後の企画は、ファン待望の「撮影タイム」。猫、投げチュー、バキュンなどさまざまなポーズを決める部員を前に、ファンはシャッターを押す手が止まらない。連射したり動画を撮ったり、推しだけを写したりと、それぞれの方法で楽しんでいた。


ここで終了かと思いきや、「部員たちがどうしてもやりたい企画があるらしい」と話し出した百合澤先生。そして、再度ファンの前に登場した陽、柊、花柳は「すべてのファンの皆さんに、この歌を届けます」と、オリジナル楽曲「DREAM!!!」を披露。最初から最後までファンを笑顔にし、初リアルイベントは大成功のうちに幕を閉じた。

《米田果織》
【注目の記事】[PR]

編集部おすすめのニュース

特集