2019年、“アニメ化”期待値の高いコンテンツは? ハッカドールが「ニーア オートマタ」ほか7作品を選出 | アニメ!アニメ!

2019年、“アニメ化”期待値の高いコンテンツは? ハッカドールが「ニーア オートマタ」ほか7作品を選出

ニュースアプリ「ハッカドール」が、2019年にアニメ化が期待される7作品を発表した。ゲームからフィギュア、マンガ、ラノベまで、幅広いジャンルの7作品が名を連ねている。

ニュース
『ニーア オートマタ』ビジュアル
  • 『ニーア オートマタ』ビジュアル
  • 「2019年アニメ化期待度が高い7作品」(ニュースアプリ「ハッカドール」調べ)
  • 「2019年アニメ化期待度が高い7作品」(ニュースアプリ「ハッカドール」調べ)
  • 「2019年アニメ化期待度が高い7作品」(ニュースアプリ「ハッカドール」調べ)
  • 「ハッカドール」トレンド機能
アニメ・マンガ・ゲームなどに特化した情報を利用者にあわせて提供するニュースアプリ「ハッカドール」が、2019年にアニメ化が期待される7作品を発表。
これは、現在の流行がひと目で分かる「トレンド」機能の追加に伴う分析・調査であり、『ニーア オートマタ』や『フラワーナイトガール』『弱キャラ友崎くん』など、各作品への期待値の高さが数字に表れた。

「ハッカドール」トレンド機能
「トレンド」は、「ハッカドール」が独自分析した「今」話題になっているワードが手軽にわかる機能として、同アプリに1月28日より追加。アニメ・マンガ・ゲームなどのジャンルにおいて「今流行っているもの」「これから流行るもの」を、簡単に確認することができる。

「2019年アニメ化期待度が高い7作品」(ニュースアプリ「ハッカドール」調べ)
「2019年アニメ化期待度が高い7作品」と題した今回の調査では、好みのワードを登録するとその最新ニュースが届く「ウォッチリスト」から、登録の多いワードや登録数を独自に分析。
新規に登録される作品の中からアニメ化発表済みの作品を除外し、継続的に新規登録数が増加している作品を基準に選定された。

これによると、上位には『ニーア オートマタ』『フラワーナイトガール』『弱キャラ友崎くん』『魔女の旅々』『リトルアーモリー』『地縛少年花子くん』『乃木若葉は勇者である』がラインナップ。
ゲームからフィギュア、マンガ、ラノベまで、幅広いジャンルの7作品が名を連ねている。

「2019年アニメ化期待度が高い7作品」(ニュースアプリ「ハッカドール」調べ)
中でも月刊の平均ウォッチリスト新規登録数が多い『ニーア オートマタ』『フラワーナイトガール』『弱キャラ友崎くん』は、特にファンの期待値が高いタイトルといえそうだ。

「2019年アニメ化期待度が高い7作品」(ニュースアプリ「ハッカドール」調べ)
『ニーア オートマタ』
『フラワーナイトガール』
『弱キャラ友崎くん』
『魔女の旅々』
『リトルアーモリー』
『地縛少年花子くん』
『乃木若葉は勇者である』
・ハッカドールアプリ「ウォッチリスト」で新規に登録される作品の中から、継続的に新規登録数が増加している作品を基準に選定(既にアニメ化発表作品は除外)
・集計期間:2018年1月1日~2019年1月31日迄
《仲瀬 コウタロウ》
【注目の記事】[PR]

編集部おすすめのニュース

特集