「ポケモン」ピカチュウがおしゃべりしながらお掃除!クリーナー登場 多機能“プニライト”も | アニメ!アニメ!

「ポケモン」ピカチュウがおしゃべりしながらお掃除!クリーナー登場 多機能“プニライト”も

アニメ、ゲーム『ポケットモンスター』に登場する大人気キャラクター「ピカチュウ」が、おしゃべりしながら掃除を行う「ピカチュウ ルンルンクリーナー」が発売決定。さらに、コミニュケーション機能が搭載された「ピカチュウ プニライト」も登場した。

ニュース
「ピカチュウ ルンルンクリーナー」2,980円(税別)(C)Nintendo・Creatures・GAME FREAK・TV Tokyo・ShoPro・JR Kikaku(C)Pokemon ※正式には「e」にアキュート・アクセントがつきます
  • 「ピカチュウ ルンルンクリーナー」2,980円(税別)(C)Nintendo・Creatures・GAME FREAK・TV Tokyo・ShoPro・JR Kikaku(C)Pokemon ※正式には「e」にアキュート・アクセントがつきます
  • 「ピカチュウ プニライト」8,980円(税別)(C)Nintendo・Creatures・GAME FREAK・TV Tokyo・ShoPro・JR Kikaku(C)Pokemon ※正式には「e」にアキュート・アクセントがつきます
アニメ、ゲーム『ポケットモンスター』に登場する大人気キャラクター「ピカチュウ」が、おしゃべりしながら掃除を行う「ピカチュウ ルンルンクリーナー」が発売決定。さらに、コミニュケーション機能が搭載された「ピカチュウ プニライト」も登場した。

「ピカチュウ ルンルンクリーナー」は、モンスターボールデザインの電動掃除機の上にピカチュウが乗っているデザイン。卓上に置いてスイッチを入れることで、おしゃべりをしながら発進。掃除機はピカチュウを乗せて移動しながら、テーブルの上のケシカス、ほこり等を回転するブラシで掃き取っていく。
また進行中、ピカチュウにタッチすることでおしゃべりをしながら方向転換。おでこを長く(1秒程度)触ることで、掃除機はその場で回転を始め、ピカチュウが目を回す声を発するという、ユニークな機能も搭載された。

ファンシーグッズとして、「ルンルンクリーナー」と同時期に発売される「ピカチュウ プニライト」は、インテリアライトとしても使用可能なアイテムだ。声を掛けるとピカチュウがしゃべって、動いて、発光。声を掛けたり、手を叩くと、音センサーがその音声に反応し、ピカチュウから光りながら返事がおくられる。
そのほかにも、音に反応してアクションする「ダンスモード」。枕元を照らしたり、夜中に足元や手元を明るくする「ライトモード」も搭載され、全く新しいインタラクティブなインテリアライトで、ピカチュウと楽しいひと時を過ごすことが可能となる。

「ピカチュウ プニライト」8,980円(税別)(C)Nintendo・Creatures・GAME FREAK・TV Tokyo・ShoPro・JR Kikaku(C)Pokemon ※正式には「e」にアキュート・アクセントがつきます
「ピカチュウ ルンルンクリーナー」、「ピカチュウ プニライト」は、ともに2019年夏の発売予定。「ルンルンクリーナー」は2,980円(税別)、「プニライト」は8,980円(税別)。
また両アイテムは、2月12日~15日に開催される「第87回東京インターナショナル・ギフト・ショー春2019」で出品が予定されている。

■『ピカチュウ プニライト』概要
商品名   :ピカチュウ プニライト
発売    :2019年夏予定
価格    :税別 8,980円(税込 9,698円)
販売    :国内の玩具・雑貨取扱いの販売店、販売サイト
使用電源  :AC電源(アダプター同梱)
対象年齢  :6歳以上
発売元   :株式会社タカラトミー
販売元   :株式会社シャイン

■『ピカチュウ ルンルンクリーナー』概要
商品名   :ピカチュウ ルンルンクリーナー
発売    :2019年夏
価格    :2,980円(税込み価格 3,218円)
販売    :国内の玩具・雑貨取り扱いの販売店、販売サイト
使用電池  :アルカリ単4電池3本(別売)
対象年齢  :6歳以上
発売元   :株式会社タカラトミー
販売元   :株式会社シャイン

■商品露出予定
・第87回東京インターナショナル・ギフト・ショー春2019
開催日程: 2月12日~15日
会場  : 東京ビッグサイト 東3-T22-43


(C)Nintendo・Creatures・GAME FREAK・TV Tokyo・ShoPro・JR Kikaku
(C)Pokemon ※正式には「e」にアキュート・アクセントがつきます
《MoA》
【注目の記事】[PR]

編集部おすすめのニュース

特集