「スパイダーマン:スパイダーバース」日本版最新予告公開!ピーター・パーカーはすでに死んでる!? | アニメ!アニメ!

「スパイダーマン:スパイダーバース」日本版最新予告公開!ピーター・パーカーはすでに死んでる!?

アニメーション映画『スパイダーマン:スパイダーバース』(2019年3月8日公開)より、日本版最新予告がお披露目。映像では長年スパイダーマンとして活躍するピーター・パーカーのナレーションとともに、彼がすでに「この世にはいない」という驚きの事実が明らかになる。

ニュース
『スパイダーマン:スパイダーバース』
  • 『スパイダーマン:スパイダーバース』
  • 『スパイダーマン:スパイダーバース』2019年3月8日に日本公開
  • 『スパイダーマン:スパイダーバース』
アニメーション映画『スパイダーマン:スパイダーバース』(2019年3月8日公開)より、日本版最新予告がお披露目。映像では長年スパイダーマンとして活躍するピーター・パーカーのナレーションとともに、彼がすでに「この世にはいない」という驚きの事実が明らかになる。

『スパイダーマン』映画シリーズ最新作にして、全米公開初登場1位を獲得した本作。先日にはゴールデン・グローブ賞(アニメーション作品賞)を受賞するなど、アカデミー賞ノミネート確実の呼び声が高い一作だ。

頭脳明晰で名門私立校に通う中学生のマイルス・モラレス(CV.小野賢章)は、スパイダーマンの能力を持っていた。しかし、その力を未だ上手く扱えないまま。そんなある日、闇社会に君臨するキングピン(CV.玄田哲章)により時空が歪められる大事故が起こる。その天地を揺るがす激しい衝撃により、女性スパイダーマンのスパイダー・グウェン(CV.悠木碧)を含めた4人のスパイダーマンたちが、異なる次元からマイルスの世界に集結! 果たして、マイルスはこの危機を救うことができるのか?

新たに公開された日本版最新予告では、長年スパイダーマンとして活躍するピーター・パーカーが、冒頭ですでにこの世にはいないという衝撃事実が明らかに。そして彼に替わり、一人の少年がスパイダーマンとして活躍しようとする一幕が収められた。また映像には日本語吹き替え版主題歌として、TK from 凛として時雨が歌う新曲「P.S. RED I」もふんだんに使用されている。


また今回、追加声優として大塚明夫(スパイダーマン・ノワール役)、吉野裕行(スパイダー・ハム役)、高橋季依(ペニー・パーカー役)、玄田哲章(キングピン役)が名を連ねた。

映画『スパイダーマン:スパイダーバース』は、2019年3月8日より全国ロードショー。
《MoA》
【注目の記事】[PR]

編集部おすすめのニュース

特集