「ゾンビランドサガ」本渡楓ら「みんな終わりたくなくて…」OP&EDも初披露された「CygamesFes」レポ | アニメ!アニメ!

「ゾンビランドサガ」本渡楓ら「みんな終わりたくなくて…」OP&EDも初披露された「CygamesFes」レポ

12月15日、TVアニメ『ゾンビランドサガ』からアイドルグループ「フランシュシュ」を演じる6名の声優陣が登場した「ゾンビランドサガ~フランシュシュといっしょ~」ステージが、「CygamesFes2018」内メインステージにて開催された。

ニュース
CygamesFes2018「ゾンビランドサガ~フランシュシュといっしょ~」スチール(C)ゾンビランドサガ製作委員会
  • CygamesFes2018「ゾンビランドサガ~フランシュシュといっしょ~」スチール(C)ゾンビランドサガ製作委員会
  • CygamesFes2018「ゾンビランドサガ~フランシュシュといっしょ~」描き下ろしビジュアル(C)ゾンビランドサガ製作委員会
  • TVアニメ『ゾンビランドサガ』メインビジュアル(C)ゾンビランドサガ製作委員会
  • TVアニメ『ゾンビランドサガ』(C)ゾンビランドサガ製作委員会
12月15日、TVアニメ『ゾンビランドサガ』からアイドルグループ「フランシュシュ」を演じる6名の声優陣が登場した「ゾンビランドサガ~フランシュシュといっしょ~」ステージが、「CygamesFes2018」内メインステージにて開催された。
ステージではiTunesソングランキング1位を獲得したOPテーマ「徒花ネクロマンシー」などの初歌唱と初LIVEを実施。多くのファンにとって垂涎のイベントとなった。

フランシュシュのステージは、「徒花ネクロマンシー」と謎のアイドルプロデューサー・巽幸太郎(CV.宮野真守)の入場アナウンスがコラボレーションしたオープニング映像でスタート。
映像にあわせて本渡楓(源さくら役)、田野アサミ(二階堂サキ役)、種田梨沙(水野愛役)、河瀬茉希(紺野純子役)、衣川里佳(ゆうぎり役)、田中美海(星川リリィ役)が登場すると、アニメさながらの鮮やかな赤い衣装、そして格闘技の入場アナウンスを彷彿とさせる宮野のアナウンスに会場から歓喜の絶叫が飛び交う。

アニメ本編でも定番の幸太郎によるムチャぶりコーナーでは、6名が挿入歌「目覚め RETUNER」にあわせたモデルのようなウォーキングを披露。キャラクターにあったポージングを要求されると、それぞれが恥ずかしそうな笑顔を浮かべながらも観客の期待に応えてみせ、これにも歓声が沸き起こった。

境宗久監督と山田たえ役・三石琴乃から届いた手紙を読み上げるコーナーでは、6名が次の企画に移れないほど号泣。声優陣は「本当にこの作品はみんなで作っている感じが凄く強くて、みんな終わりたくなくて…」とアフレコ現場を振り返り、言葉に詰まりながらも最終回を迎える寂しい想いを吐露する。観客や「AbemaTV」の生放送を視聴しているファンからも、「泣ける!」「キャストとスタッフの作品への愛が伝わってくる」など感動の声があがった。

LIVEパートでは、手紙の余韻も残るなかでEDテーマ「光へ」を歌唱。6名の優しい歌声が感動の雰囲気に覆われている会場を包み込み、感動的なFull.Verの初披露となった。
続いて、衣川のMCで会場の雰囲気が切り替わり、話題のOPテーマ「徒花ネクロマンシー」のイントロが鳴り響くと会場からも期待の歓声があがる。楽曲はお馴染みとなった本渡による前口上で観客がヒートアップしたのち、熱狂と興奮のなかで一気に歌い上げられた。

お別れの挨拶では、本渡が「私にとってもゾンビランドサガは挑戦続きの作品でした。周りの皆さんにたくさん支えてもらって、この場に立てていると思っています。本当にありがとうございます」とメッセージ。
田野からは「ここにいる皆さんが、ゾンビランドサガやフランシュシュへの熱い想いを語ってくれて、友達や周りの人にそのゾンビランドサガへの想いが伝わって行ったことで、私たちはLIVEや皆に会える機会を与えてもらっていると感じています」との熱い想いが告げられる。

会場が温かい空気に包まれるなか、本渡が突然「最後は盛り上がって終わりましょうー!」と声を張り上げ、2回目の「徒花ネクロマンシー」の歌唱に突入。誰もが今日最後の1曲という雰囲気のなか、6名と観客のボルテージがピークのなかで、大熱狂のライブが幕を閉じた。

TVアニメ『ゾンビランドサガ』は今後、2019年3月17日に「フランシュシュ」のLIVEイベントを開催予定。12月20日にはついに最終回を迎えるだけに、どのような伝説が生まれるのか注目だ。

(C)ゾンビランドサガ製作委員会
《仲瀬 コウタロウ》
【注目の記事】[PR]

編集部おすすめのニュース

特集