“爆発やミサイルはマクロスをイメージ”「ネクスト ロボ」日本人クリエイターが語る日本アニメの影響 | アニメ!アニメ!

“爆発やミサイルはマクロスをイメージ”「ネクスト ロボ」日本人クリエイターが語る日本アニメの影響

中国とカナダの合作アニメーション映画『ネクスト ロボ』がNetflixにて9月7日より独占配信されている。孤独な少女とロボットの友情と成長を描いたこの作品は、家族で楽しめるハートフルなドラマでありながら、迫力あるアクションもふんだんに盛り込まれた作品だ。

インタビュー
“爆発やミサイルはマクロスをイメージ”「ネクスト ロボ」日本人クリエイターが語る日本アニメの影響
  • “爆発やミサイルはマクロスをイメージ”「ネクスト ロボ」日本人クリエイターが語る日本アニメの影響
  • “爆発やミサイルはマクロスをイメージ”「ネクスト ロボ」日本人クリエイターが語る日本アニメの影響
  • “爆発やミサイルはマクロスをイメージ”「ネクスト ロボ」日本人クリエイターが語る日本アニメの影響
  • “爆発やミサイルはマクロスをイメージ”「ネクスト ロボ」日本人クリエイターが語る日本アニメの影響
  • “爆発やミサイルはマクロスをイメージ”「ネクスト ロボ」日本人クリエイターが語る日本アニメの影響
  • “爆発やミサイルはマクロスをイメージ”「ネクスト ロボ」日本人クリエイターが語る日本アニメの影響
  • “爆発やミサイルはマクロスをイメージ”「ネクスト ロボ」日本人クリエイターが語る日本アニメの影響
  • “爆発やミサイルはマクロスをイメージ”「ネクスト ロボ」日本人クリエイターが語る日本アニメの影響
中国とカナダの合作アニメーション映画『ネクスト ロボ』がNetflixにて9月7日より独占配信されている。孤独な少女とロボットの友情と成長を描いたこの作品は、家族で楽しめるハートフルなドラマでありながら、迫力あるアクションもふんだんに盛り込まれた作品だ。

執事のようなロボットが身の回りの世話をしてくれる近未来、父が家を出ていき、母と愛犬と暮らす13歳の少女メイはロボットだらけの世界に馴染めずにいる。
ある日彼女は、密かに開発された戦闘用ロボット「7723」と出会う。ロボット嫌いなメイだったが、7723の強さを利用し、いじめっ子の同級生に仕返しをしたり、ロボットだらけの世間にいたずらをしたりするようになる。
次第に7723とメイは心を通わせていくが、7723は故障のため記憶容量に限界があった。7723はメイとの思い出を優先するために武器の機能を捨てていくが、やがてメイの家族に大きな危機が訪れ、7723は大きな決断を迫られる――。

フル3DCGで作られた本作の製作は中国のBaozou、CGアニメーション製はカナダのタンジェント・アニメーションとハウス・オブ・クールが手がけている。監督は『ヘラクレス』や『ファンタジア2000』のケビン・アダムスと『ナイト ミュージアム』『ナルニア国物語/第1章:ライオンと魔女』のVFXを担当したジョー・ケイサイダーが共同で務めている。

今回は、本作でLead VFXを担当した日本人3Dクリエイター、So Ishigaki氏にインタビューを行い、本作について話を聞いた。

Ishigaki氏はデジタルハリウッドで3を学び、卒業後に日本で3D演出の仕事に携わった後、カナダに移住。アーノルド・シュワルツェネッガー主演の『ラストスタンド』などの実写映画のCGを担当した後、タンジェント・アニメーションに入社。『ドッグス! ~オジーの大冒険~』などの3DアニメーションでVFXを担当している。

So Ishigaki氏

Netflixオリジナル映画「ネクスト ロボ」



全世界190ヵ国独占配信中
配信ページ>https://www.netflix.com/title/80988892

マクロスを意識した数々のエフェクト



――Ishigakiさんは本作でどんな役割を担ったのでしょうか。

Ishigaki
僕はLead VFXというポジションだったのですが、新たにVFXチームに入ってきた人にソフトウェアの使い方を指示したりとか、実際のエフェクトを作る前にテンプレートを作成したりしています。ひと通り設定を作って、それをチームのみんなに使ってもらってエフェクトを実際に作ってもらっていくのが仕事です。
主に爆発や煙、ミサイルなどのシミュレーションが必要なエフェクトを担当しましたが、監督のイメージをどう具現化していくのか、ソフトウェアは何を使うべきか等の基礎研究も僕の仕事でした。

アートディレクターからのVFXデパートメントに対するプラズマガンの参考イメージ。「このイメージを基にどのような方法(技術、ツール)を用いて作成するか等の基礎的なところから始めました」(Ishigaki)

――監督のおふたりからは『ネクスト ロボ』をどんなテイストの作品にしたいという話がありましたか。

Ishigaki
これは主人公のメイとロボットの7723がともに成長していく話で、ピクサーやドリームワークスのようなフォトリアルな作風でいくことは決まっていました。

でも、監督のふたりが日本のアニメが大好きで、僕が担当した爆発などのエフェクトに関しては、資料として見せられたのが80年代の初代マクロスのTVシリーズ(『超時空要塞マクロス』)だったんです。
ミサイルのトレイル(軌跡)が何十本も伸びて、そこら中で爆発が起きるエフェクトなどをやりたいとのことで、これは難しいな、どうやってやろうかなと思いましたね。


――日本の手描きアニメのテイストを取り入れたいという意向だったのでしょうか。

Ishigaki
そうですね。ただ全体はフォトリアルな作風なので、爆発などもある程度物理的に正しくないと、他の要素との兼ね合いでレンダリングが上手くいかないんです。
なので、なかなか難しい面もありましたけど、VFX全体に関しては監督たちのイメージにかなり近づけたと思います。

――監督のおふたりは日本のアニメが相当お好きなんですね。

Ishigaki
ええ。僕も知らないような作品を参照として出してくる時もありました。
『AKIRA』を意識した部分もあるみたいですし、とにかく『マクロス』の名前はよく出ましたね。ジョー・ケイサンダーは『パシフィック・リム』にもスタッフとして参加しているぐらいですから、やはり日本のアニメ好きなんだと思います。
《杉本穂高》
【注目の記事】[PR]

編集部おすすめのニュース

特集