「弱虫ペダル」第4期、山下大輝・宮野真守らキャスト14名が集結! 各校への愛を語り尽くしたSPイベント | アニメ!アニメ!

「弱虫ペダル」第4期、山下大輝・宮野真守らキャスト14名が集結! 各校への愛を語り尽くしたSPイベント

9月2日、TVアニメ『弱虫ペダル GLORY LINE』のスペシャルイベント「LE TOUR DE YOWAPEDA(ツール・ド・ヨワペダ)2018」が、埼玉・川口総合文化センターにて開催。会場には主演の山下大輝をはじめ、総勢14名のキャスト陣が集結した。

ニュース
「LE TOUR DE YOWAPEDA(ツール・ド・ヨワペダ)2018」イベントスチール(C)渡辺航(週刊少年チャンピオン)/弱虫ペダル04製作委員会
  • 「LE TOUR DE YOWAPEDA(ツール・ド・ヨワペダ)2018」イベントスチール(C)渡辺航(週刊少年チャンピオン)/弱虫ペダル04製作委員会
  • 「LE TOUR DE YOWAPEDA(ツール・ド・ヨワペダ)2018」イベントスチール(C)渡辺航(週刊少年チャンピオン)/弱虫ペダル04製作委員会
  • 「LE TOUR DE YOWAPEDA(ツール・ド・ヨワペダ)2018」イベントスチール(C)渡辺航(週刊少年チャンピオン)/弱虫ペダル04製作委員会
  • 「LE TOUR DE YOWAPEDA(ツール・ド・ヨワペダ)2018」イベントスチール(C)渡辺航(週刊少年チャンピオン)/弱虫ペダル04製作委員会
  • 「LE TOUR DE YOWAPEDA(ツール・ド・ヨワペダ)2018」イベントスチール(C)渡辺航(週刊少年チャンピオン)/弱虫ペダル04製作委員会
  • 「LE TOUR DE YOWAPEDA(ツール・ド・ヨワペダ)2018」イベントスチール(C)渡辺航(週刊少年チャンピオン)/弱虫ペダル04製作委員会
  • 「LE TOUR DE YOWAPEDA(ツール・ド・ヨワペダ)2018」イベントスチール(C)渡辺航(週刊少年チャンピオン)/弱虫ペダル04製作委員会
  • 「LE TOUR DE YOWAPEDA(ツール・ド・ヨワペダ)2018」イベントスチール(C)渡辺航(週刊少年チャンピオン)/弱虫ペダル04製作委員会
9月2日、TVアニメ『弱虫ペダル GLORY LINE』のスペシャルイベント「LE TOUR DE YOWAPEDA(ツール・ド・ヨワペダ)2018」が、埼玉・川口総合文化センターにて開催された。会場には主演の山下大輝をはじめ、鳥海浩輔、福島潤、岸尾だいすけ、松岡禎丞、下野紘、代永翼、阿部敦、野島健児、宮野真守、小野大輔、内田雄馬、遊佐浩二、福山潤ら総勢14名のキャスト陣が集結。OPを担当したRhythmic Toy World、佐伯ユウスケの2アーティストも参加した。

イベントはLINEメッセージを使用したQ&Aコーナー「GLORY LINE!」からスタート。
宮野から「僕の好きなところというテーマで一曲歌ってください」とリクエストされた下野は恒例の即興ソングに挑戦し、サビで加わってきた宮野とともにお互いを「大好きだ」と歌いあうデュエットを披露する。
また松岡から「今度2人で会えない?」とのメッセージを受け取った内田は、なぜかステージ上でハグを敢行。冒頭から予想外のハプニングが続き、キャスト陣の仲の良いやり取りには会場も大いに沸いた。

各校のこれまでを振り返る「チームプレゼンテーション!」コーナーでは、総北高校の小野田坂道役・山下が「4期はいきなり高いテンションで物語がスタートしました。総北チームは、誰かのために走るのが特徴だと改めて感じましたし、6人が揃って完成形なのだと強く思いました」とコメント。
「今期は特に鳴子の活躍が特に目立った」という感想には、鳴子章吉役・福島が「1年生の時よりも気持ちのこもった『スカシ!』という叫びができたと思います」と応える。

箱根学園のプレゼンでは、葦木場拓斗役・宮野がチームについて「個性が強いからこそ、自分もこのメンバーに負けない個性を持ちたいと思いますし、この個性だからこその安心感があるのだと思います」と解説。
「どうも、(インターハイ2日目の)勝利チームです」と余裕の挨拶でスタートした京都伏見高校のプレゼンでは、御堂筋翔役・遊佐が「アフレコスタジオの熱量は誰よりも激しかったです。勝負どころだけでなく、すべてが全力でした」と振り返り、岸神小鞠役・福山も「我々には普通のシーンは一切無いんです。ブースでは誰よりも叫んでいました」と続いた。

イベントビジュアルの「桃太郎」をテーマにした朗読劇では、文化祭で小野田坂道にちなんだ「小野太郎」の演劇をする総北チームのオリジナルストーリーが展開。手嶋純太役・岸尾が「小野太郎」ではなく「小野大輔」とアドリブを入れたことから、その後に登場した箱根学園チーム、京都伏見チームを含めて怒涛のアドリブ合戦に突入し、コミカルな演技も相まって笑い声と歓声があふれた。

その後イベントでは、箱根学園チームが勝利を収めた格付け企画「弱ペダ GLORY RACE!」、Rhythmic Toy Worldと佐伯ユウスケによるライブコーナーを実施。
最後は山下が「僕らキャストはもちろん、アーティストや制作スタッフの皆さんも、大好きな気持ちを持って『弱虫ペダル』を作っています。原作では、壮絶な3日目が描かれていて、ぜひ、皆さんにアニメーションとしてお届けできたらと思っています。これからもどうか『弱虫ペダル』を大好きでいてください!」と挨拶し、「弱虫ペダルはひとつです!!!」の掛け声と「おおおー!!!」のレスポンスで締めくくられた。

(C)渡辺航(週刊少年チャンピオン)/弱虫ペダル04製作委員会
《仲瀬 コウタロウ》
【注目の記事】[PR]

編集部おすすめのニュース

特集