「アニゴジ」最終章、第31回東京国際映画祭のクロージング作品に! 先行カットも到着 | アニメ!アニメ!

「アニゴジ」最終章、第31回東京国際映画祭のクロージング作品に! 先行カットも到着

アニメ映画『GODZILLA』の最終章『GODZILLA 星を喰う者』(11月9日公開)が、10月25日より開催される「第31回東京国際映画祭」のクロージング作品に決定。あわせて本編から、主人公ハルオが何かを睨み付ける表情の先行カットが到着した。

ニュース
『GODZILLA 星を喰う者』先行カット(C)2018 TOHO CO., LTD.
  • 『GODZILLA 星を喰う者』先行カット(C)2018 TOHO CO., LTD.
  • 『GODZILLA 星を喰う者』ティザーポスター (C)2018 TOHO CO., LTD.
アニメ映画『GODZILLA』の最終章『GODZILLA 星を喰う者』(11月9日公開)が、10月25日より開催される「第31回東京国際映画祭」のクロージング作品に決定。あわせて本編から、主人公ハルオが何かを睨み付ける表情の先行カットが到着した。

『GODZILLA』三部作はゴジラ映画史上初の3DCGアニメとして、2017年11月に第一章『GODZILLA 怪獣惑星』、2018年5月に第二章『GODZILLA 決戦機動増殖都市』が公開された。体高300メートルを超える歴代最大のゴジラ“ゴジラ・アース”のアクションシーンはもちろん、脚本・虚淵玄ならではの新たな解釈で表現された“メカゴジラ”の衝撃的な登場などで大きな話題を呼んでいるシリーズだ。

このたび『GODZILLA 星を喰う者』は「第31回東京国際映画祭」において最も注目が集まるタイトルのひとつであるクロージング作品に決定。地上の覇者となった究極の生命体“ゴジラ・アース”と高次元怪獣“ギドラ”の激突は一体どのような終焉を迎えるのか、公開より一足先に盛り上がる機会となるだろう。

『GODZILLA 星を喰う者』は11月9日より全国にて公開。上映劇場では現在、数量限定の「特製ギドラクリアファイル」が付属する前売券が発売中だ。

「第31回東京国際映画祭」
開催期間:2018年10月25日(木)~11月3日(土・祝)
会場:六本木ヒルズ(港区)、EXシアター六本木
   東京ミッドタウン日比谷 日比谷ステップ広場(千代田区)他

『GODZILLA 星を喰う者』
2018年11月9日(金)全国公開
【スタッフ】
監督/静野孔文・瀬下寛之
ストーリー原案・脚本/虚淵玄(ニトロプラス)
【製作】東宝
【制作】ポリゴン・ピクチュアズ
【配給】東宝映像事業部

(C)2018 TOHO CO., LTD.
《仲瀬 コウタロウ》
【注目の記事】[PR]
【注目の記事】[PR]

編集部おすすめのニュース

特集