宮野真守、大役の"ナレーター"に意気込み! イルミネーション最新作「グリンチ」追加吹替キャスト発表 | アニメ!アニメ!

宮野真守、大役の"ナレーター"に意気込み! イルミネーション最新作「グリンチ」追加吹替キャスト発表

イルミネーション・エンターテインメントの最新アニメ『グリンチ』(12月14日ロードショー)より、追加吹き替えキャストとして宮野真守、杏、ロバート秋山竜次、横溝菜帆の参加が発表された。

ニュース
『グリンチ』追加吹き替えキャスト(C)2018 UNIVERSAL STUDIOS
  • 『グリンチ』追加吹き替えキャスト(C)2018 UNIVERSAL STUDIOS
  • 『グリンチ』ブリクルバウム:ロバート秋山竜次(C)2018 UNIVERSAL STUDIOS
  • 『グリンチ』シンディ・ルー:横溝菜帆(C)2018 UNIVERSAL STUDIOS
  • 『グリンチ』ドナ:杏(C)2018 UNIVERSAL STUDIOS
イルミネーション・エンターテインメントの最新アニメ『グリンチ』(12月14日ロードショー)より、追加吹き替えキャストとして宮野真守、杏、ロバート秋山竜次、横溝菜帆の参加が発表された。『ロラックスおじさんの秘密の種』以降イルミネーション作品の全シリーズに出演している宮野だが、今回は初めてナレーターという大役に挑む。

『グリンチ』は、いつも不機嫌で孤独なひねくれ者のグリンチが、山麓の村人たちを不幸にするべくクリスマスを盗もうとする……というストーリー。絵本作家ドクター・スースの児童文学『いじわるグリンチのクリスマス』が原作で、アメリカにおけるグリンチはサンタクロースに並ぶ“クリスマスの代名詞”の国民的キャラクターだ。

このたび発表された追加キャストのうち、宮野はナレーター役としてクリスマスを盗もうとするグリンチを見守る。
「イルミネーションの最新作『グリンチ』に出演できること、本当に嬉しく思います」と喜ぶ宮野は、「僕が担当させていただく“ナレーター”は、作品において、とても重要なポジションだとお伺いしました。大事な役割を任せていただき、心より光栄です。とても緊張しますが、この素敵な世界観を、しっかり表現できるよう臨みますので、是非、映画の公開を楽しみに待っていてください!」と意気込を語った。

また杏、ロバート秋山、横溝はいずれも、グリンチが孤独に暮らす村の住人役を担当。ロバート秋山はグリンチの隣人のブリクルバウム役、横溝はクリスマスを心待ちにしている少女シンディ・ルー役、杏はシンディの母親であるドナ役を演じる。

『グリンチ』は12月14日(金)より全国ロードショー。

『グリンチ』
日本語吹替:大泉洋 杏 秋山竜次 横溝菜帆 宮野真守
(C)2018 UNIVERSAL STUDIOS
《仲瀬 コウタロウ》
【注目の記事】[PR]
【注目の記事】[PR]

編集部おすすめのニュース

特集