「銀魂2」土方十四郎役・柳楽優弥インタビュー 「初めてここまで笑った」ドラマ版の見どころは? | アニメ!アニメ!

「銀魂2」土方十四郎役・柳楽優弥インタビュー 「初めてここまで笑った」ドラマ版の見どころは?

dTVオリジナルドラマ『銀魂2 -世にも奇妙な銀魂ちゃん-』より、土方十四郎役・柳楽優弥のオフィシャルインタビューが到着した。『銀魂』の真骨頂であるギャグ満載となった新作ドラマについて、撮影の感想や見どころなどを語っている。

ニュース
注目記事
柳楽優弥
  • 柳楽優弥
  • 柳楽優弥
  • 柳楽優弥
  • 柳楽優弥
dTVオリジナルドラマ『銀魂2 -世にも奇妙な銀魂ちゃん-』より、真選組の“鬼の副長”土方十四郎を演じる柳楽優弥のオフィシャルインタビューが到着。2017年配信の『銀魂 -ミツバ篇-』と打って変わり、『銀魂』の真骨頂であるギャグ満載となった新作ドラマについて、撮影の感想や見どころなどを語った。

まず前作から短い期間で2作目が決まったことに、「ストーリーとは全く関係ないところも含めて、妙に凄さを感じてしまう」と話す柳楽。
映画『銀魂2 掟は破るためにこそある』は「土方と、オタクのトッシーの役柄があって、中身の違う2つのキャラクターの差が1つの見せ場だったりするので、そこは特に意識して演じました」と語るが、一方のドラマについては「原作の内容と福田監督の台本が面白くて自分のセリフで笑うことは普段あまりないのですが、初めてここまで笑いました」と振り返る。

柳楽優弥
また印象に残っているシーンでは「『幾つになっても歯医者はイヤ篇』に出演している上地春奈さんが出てくるシーン」を挙げ、「『アオイホノオ』で初めて共演した時も、こんなに面白い方いるんだって思いました。深夜3時にあのエネルギー、最高でしたね。あのシーンは見どころです(笑)」と強調。
「土方禁煙篇」にでてくるパロディーシーンについては、「これ大丈夫なんですかっていうシーンが多いですよね(笑)。映画もドラマも攻めてるなって(笑)。実写でも成立ができていた事にとても驚きました。特に山本美月さんが演じる銀河鉄道999のメーテルは、原作にもないドラマのオリジナルキャラクターだったので」と、思いも明かした。

そして見どころとしては、「『土方禁煙篇』では、電柱に頭を打ちつけた後に喫煙所を見つけて、妙な歩き方をしながら必死に喫煙所に向かうシーンがあるのですが、あのシーンは思い切って演じているので、是非見て頂きたいです」とアピールする柳楽。
また、「幾つになっても歯医者はイヤ篇」の待合室シーンについても「ナレーションでそれぞれ本音を語るシーンは、台詞ではなくナレーションであることがすごく生きていて、本当に良いです」とコメント。

最後にはファンに向けて、「ドラマは、映画とセットで見るとより面白いと思います。どちらも見ることで、“MAX無駄遣い”の面白みをさらに感じれると思いますし、その 面白さの幅も体感してもらえたら嬉しいです」とメッセージを送った。

『銀魂2 -世にも奇妙な銀魂ちゃん-』は、8月25日より第2話「土方禁煙篇」が配信中だ。

dTVオリジナルドラマ『銀魂2 -世にも奇妙な銀魂ちゃん-』(C)空知英秋/集英社 (C)2018映画「銀魂2」製作委員会 (C)2018 エイベックス通信放送
dTVオリジナルドラマ『銀魂2 -世にも奇妙な銀魂ちゃん-』
配信開始日:2018年8月18日0時~(※全3話 毎週土曜更新)
配信話数:全3話(「眠れないアル篇」「土方禁煙篇」「いくつになっても歯医者はイヤ篇」)


広告の後にも続きます
(C)空知英秋/集英社 (C)2018映画「銀魂2」製作委員会 (C)2018 エイベックス通信放送
《仲瀬 コウタロウ》
【注目の記事】[PR]

編集部おすすめのニュース

特集