女子大生キャラといえば?「クレしん」ななこおねいさん的“憧れの大人”か!? 等身大の魅力か!? | アニメ!アニメ!

女子大生キャラといえば?「クレしん」ななこおねいさん的“憧れの大人”か!? 等身大の魅力か!?

アニメ!アニメ!では、「女子大生キャラクターといえば?」と題した読者アンケートを実施しました。結果を発表します。

ニュース
しんちゃん画像-(C)臼井儀人/双葉社・シンエイ・テレビ朝日・ADK 
  • しんちゃん画像-(C)臼井儀人/双葉社・シンエイ・テレビ朝日・ADK 
  • 「ソードアート・オンライン オルタナティブ ガンゲイル・オンライン」(C)2017 時雨沢恵一/KADOKAWA アスキー・メディアワークス/GGO Project
  • 「妹さえいればいい。」(C)平坂読・小学館/妹さえいれば委員会
  • 「ゴールデンタイム」(c)竹宮ゆゆこ/アスキー・メディアワークス/おまけん
  • 「ぐらんぶる」(C)井上堅二・吉岡公威・講談社/ぐらんぶる製作委員会
  • 「やはり俺の青春ラブコメはまちがっている。」(C)渡 航、小学館/やはりこの製作委員会はまちがっている。続
  • 「ハイキュー!!」(C) 古舘春一/集英社・「ハイキュー!!」製作委員会・MBS
  • 「よんでますよ、アザゼルさん。Z」(c)久保保久/講談社・芥辺探偵事務所Z
8月16日は女子大生の日。

1913年の同日に東北帝国大学が女子受験生3人の合格を発表して、日本に初めて女子大生が誕生しました。その中には日本初の女性理学博士となった黒田チカも含まれています。それから100年以上の年月が過ぎ、女子大生も当たり前の存在になりました。

アニメにも数多くの女子大生が登場します。勉学に励んだり、サークルを楽しんだり、あまり大学に行かなかったりと、キャンパスライフもさまざまです。

そこでアニメ!アニメ!では、「女子大生キャラクターといえば?」と題した読者アンケートを実施しました。8月10日から8月13日までのアンケート期間中に54人から回答を得ました。
男女比は男性約65パーセント、女性約35パーセントと男性が多め。年齢層は19歳以下が約43パーセント、20代が約35パーセントと若年層が中心でした。

■トップは「SAOAGGO」レン 2018年春の話題作が人気


1位は『ソードアート・オンライン オルタナティブ ガンゲイル・オンライン』のレン。支持率は約17パーセントでした。
本作の主人公であるレンは、小柄なアバターを使っているゲームプレイヤーです。その正体は女子大生の小比類巻香蓮。180センチを超える身長がコンプレックスの彼女は、学生生活があまり上手くいっておらず、VRゲームの世界に足を踏み入れます。

「ソードアート・オンライン オルタナティブ ガンゲイル・オンライン」(C)2017 時雨沢恵一/KADOKAWA アスキー・メディアワークス/GGO Project
読者からは「高身長ならではのコンプレックスに悩む姿が印象的でした」との声が。また「春アニメで一番面白かったから」というコメントもあり、作品の評価の高さも票を集めた理由でしょう。

2位は『妹さえいればいい。』の白川京。支持率は約9パーセントでした。白川京は主人公・羽島伊月の大学時代の同期。伊月が大学を辞めたあとも交流を続けています。
彼女には「20代になってもまだ分かりやすいツンデレで、あんな主人公でもずっと友達でいてくれているし、あんなにも可愛くて、優しくて友達思いだから」と、さまざまな面を評価するコメントが寄せられました。

「妹さえいればいい。」(C)平坂読・小学館/妹さえいれば委員会
アニメは中学や高校を舞台とする作品が多いため、『やはり俺の青春ラブコメはまちがっている。』の雪ノ下陽乃や、『ハイキュー!!』の田中冴子のように、メインキャラの姉という設定の登場人物もランクインしています。『クレヨンしんちゃん』の大原ななこ(ななこおねえさん)にも投票があり、女子大生は大人っぽい女性として描かれることも多いようです。

ただ同率7位の『ブレンド・S』星川麻冬や、ランク外の『NEW GAME!』桜ねねのように、子供っぽい見た目のキャラクターにも票が入っています。女子大生がどう描かれているのかに注目すると、作品の新たな一面が見えてくるかもしれません。

■ランキング5


[女子大生キャラクターといえば?]

1位 レン/小比類巻香蓮 『ソードアート・オンライン オルタナティブ ガンゲイル・オンライン』
2位 白川京 『妹さえいればいい。』
3位 加賀香子 『ゴールデンタイム』
3位 古手川千紗 『ぐらんぶる』
3位 雪ノ下陽乃 『やはり俺の青春ラブコメはまちがっている。』

(回答期間:2018年8月10日~8月13日)

次ページ:ランキング10位まで公開
《高橋克則》
【注目の記事】[PR]

編集部おすすめのニュース

特集