劇場アニメ「君の膵臓をたべたい」和久井映見がヒロインの母役に 本予告&ポスターも公開 | アニメ!アニメ!

劇場アニメ「君の膵臓をたべたい」和久井映見がヒロインの母役に 本予告&ポスターも公開

劇場アニメ『君の膵臓をたべたい』(9月1日ロードショー)に、女優の和久井映見がLynn演じるヒロイン・桜良の母親役として出演することが決定。あわせて本予告と本ポスタービジュアルも公開された。

ニュース
『君の膵臓をたべたい』本ポスター(C)住野よる/双葉社 (C)君の膵臓をたべたい アニメフィルムパートナーズ
  • 『君の膵臓をたべたい』本ポスター(C)住野よる/双葉社 (C)君の膵臓をたべたい アニメフィルムパートナーズ
  • 『君の膵臓をたべたい』和久井映見:桜良の母役(C)住野よる/双葉社 (C)君の膵臓をたべたい アニメフィルムパートナーズ
劇場アニメ『君の膵臓をたべたい』(9月1日ロードショー)に、女優の和久井映見がLynn演じるヒロイン・桜良の母親役として出演することが決定。あわせて本予告と本ポスタービジュアルも公開された。

『君の膵臓をたべたい』の原作は、2015年6月の刊行直後から大反響を呼んだ、小説家・住野よるのデビュー作。
高校生の“僕”が、クラスの人気者・山内桜良が膵臓の病により余命いくばくもないことを知り、名前のない距離感のまま交流を深めていく様子を描く。書籍の累計発行部数は260万部を突破しており、2017年7月には実写映画も公開された作品だ。

このたび出演が発表された和久井は、山田洋次監督の『息子』などで知られ、NHKの連続テレビ小説『ひよっこ』でも話題を呼んだ女優。
キャリア初の劇場アニメ声優挑戦となるが、重病を患いながらも強く生きるヒロイン・桜良の命と向き合って役に挑んだようで、「青春の煌めきの中、生きること。誰かを思いながら『今を生きる』こと。
生ききること。そして、 生き続けること。グッと考えさせられ、せつなくなりました」とのコメントを寄せている。

あわせて公開された本予告では、冒頭で“僕”と桜良がお互いに「正反対の性格」であることを認め、それを楽しんでいるような様子が描かれているが、後半では一転。桜良に迫りつつある「死」を予感させ、2人の距離感が徐々に変化していることが垣間見えるような仕上がりとなっている。
sumika が作詞作曲を務めた主題歌「春夏秋冬」の、一瞬一時の青春の輝きと切なさが凝縮したようなメロディも必聴だ。

『君の膵臓をたべたい』は、9月1日(土)より全国ロードショー。



『君の膵臓をたべたい』
9月1日(土)全国ロードショー
(C)住野よる/双葉社 (C)君の膵臓をたべたい アニメフィルムパートナーズ
《仲瀬 コウタロウ》
【注目の記事】[PR]

編集部おすすめのニュース

特集