2018年上半期のアニメ流行語大賞、「ポプテピ」“クソアニメ”や「コナン」“安室の女”抑えた1位は… | アニメ!アニメ!

2018年上半期のアニメ流行語大賞、「ポプテピ」“クソアニメ”や「コナン」“安室の女”抑えた1位は…

ニュース

「ポプテピピック」(C)大川ぶくぶ/竹書房・キングレコード
  • 「ポプテピピック」(C)大川ぶくぶ/竹書房・キングレコード
  • 「ガジェット通信 アニメ流行語大賞 2018 上半期」
  • 「宇宙よりも遠い場所」(C)YORIMOI PARTNERS
  • 男性ランキング3位:『こみっくがーるず』萌田薫子役・赤尾ひかる(C)はんざわかおり・芳文社/こみっくがーるず製作委員会
  • 総合ランキング2位:『ヒナまつり』新田義史役・中島ヨシキ(C)2018 大武政夫・KADOKAWA刊/ヒナまつり製作委員会
  • 「名探偵コナン ゼロの執行人」(C)2018 青山剛昌/名探偵コナン製作委員会
2018年上半期のアニメ関連のネット流行語を表彰する「アニメ流行語大賞2018上半期」が、WEBメディア・ガジェット通信より発表。2000名を超える一般投票によって、グランプリとなる金賞にはTVアニメ『宇宙よりも遠い場所』の「軽く死ねますね」が選ばれた。

金賞の「軽く死ねますね」は、南極を目指す女子高生たちを描いた『宇宙よりも遠い場所』において、毒舌のキャラクター・白石結月がよく使っている口癖。大人びて冷静な彼女による鋭いフレーズが、多くの視聴者にも刺さっていたようだ。

また銀賞の「あばばば」は、女子高生漫画家たちの日常を描いた『こみっくがーるず』で、主人公の“かおす”こと萌田薫子が使いがちな口癖。おどおどとした様子が、小動物みたいでかわいいと人気を集めていた。
そして銅賞には、2018年上半期の話題をさらった“クソアニメ”こと『ポプテピピック』から、“高速紙芝居”で存在感を発揮した「ヘルシェイク矢野」がランクイン。
さらに得票数同数で、サイキック少女と若手ヤクザの危険な共同生活を描いた『ヒナまつり』から、登場キャラクターが痛がる際の共通フレーズ「あいたー!」も銅賞に入っている。

このほかにも、『ポプテピピック』からは「クソアニメ」「えいえい、おこった?」「エイサイハラマスコイ」「さてはアンチだなオメー」「いっぱいちゅき」「ボブネミミッミ」など多数のワードが登場。“トリプルフェイス”安室透の人気が際立っていた『名探偵コナン ゼロの執行人』では、「安室透」「安室の女」がノミネートを果たした。

「ガジェット通信 アニメ流行語大賞 2018 上半期」上位ワード一覧
金賞:軽く死ねますね(宇宙よりも遠い場所)
銀賞:あばばば(こみっくがーるず)
銅賞:ヘルシェイク矢野(ポプテピピック)/あいたー!(ヒナまつり)
   ※得票数同数で2ワード
ノミネート
・クソアニメ(ポプテピピック)
・えいえい、おこった?(ポプテピピック)
・エイサイハラマスコイ(ポプテピピック)
・安室透(名探偵コナン ゼロの執行人)
・安室の女(名探偵コナン ゼロの執行人)
・オソマ(ゴールデンカムイ)
・〇〇キャン(ゆるキャン△)
・さてはアンチだなオメー(ポプテピピック)
・いっぱいちゅき(ポプテピピック)
・ヒンナヒンナ(ゴールデンカムイ)
・デスマ次郎(デスマーチからはじまる異世界狂想曲)
・ボブネミミッミ(ポプテピピック)
・ムリー(ウマ娘 プリティーダービー)
・高木さんめ(からかい上手の高木さん)
・ララララーメン大好き小泉さんっ(ラーメン大好き小泉さん)
・のびるぞ、そこの豚野郎!(ラーメン大好き小泉さん)
・虹の色を一つ言ってみろ(多田くんは恋をしない)
《仲瀬 コウタロウ》
【注目の記事】[PR]

編集部おすすめのニュース

特集