「タイバニ」新プロジェクト"DOUBLE DECKER"秋スタート! 早見沙織&安済知佳、大地葉&種崎敦美も参戦 | アニメ!アニメ!

「タイバニ」新プロジェクト"DOUBLE DECKER"秋スタート! 早見沙織&安済知佳、大地葉&種崎敦美も参戦

ニュース

『DOUBLE DECKER!ダグ&キリル』2018年秋TV放送&配信スタート(C)SUNRISE/DD PARTNERS
  • 『DOUBLE DECKER!ダグ&キリル』2018年秋TV放送&配信スタート(C)SUNRISE/DD PARTNERS
『TIGER&BUNNY』新アニメシリーズプロジェクトのひとつ“バディシリーズ”作品として、3月に発表された『DOUBLE DECKER!ダグ&キリル』の第2弾情報が公開。新たな“バディ刑事”役で早見沙織&安済知佳、大地葉&種崎敦美の出演が決定し、2018年秋より放送開始することが明らかになった。

本作は、キャラクターデザインを桂正和、企画・制作をサンライズが務め、『タイバニ』スタッフが集結した最新作。新アニメシリーズプロジェクトのひとつ“バディシリーズ”作品として、掴みどころのない残念なベテラン・ダグとやる気だけはある残念な新人・キリルの2人を中心に最悪で最高な“バディ刑事”の物語を描く。

今回、新たな“バディ”役のキャストとして早見沙織&安済知佳、大地葉&種崎敦美の出演が決定した。
早見が演じるキャラは、本人いわく「気怠くみえて、人一倍熱く、情にも厚い人。頭のきれる人ですが、犯人逮捕の為になりふり構わず行動するところも」というディーナ(ディーナ・デル・リオ)。
本作について「クールで笑えてちょっぴり泣ける、濃厚な物語」と説明し、「私も、毎話ワクワクしながら新しい台本を開いています。ぜひ、一話からお楽しみ頂ければと思います」とコメントしている。

そんなディーナの相棒で「ケイはとにかく真っ直ぐで初々しく、常に一生懸命」なケイ(キャサリン・ロシュフォール)役は安済知佳。
「言動は真逆なのに熱量が同じだったり見ていてとても面白いコンビだと思っています(笑)」と自身の印象を交えながら、「もちろんダグとキリル、マックスとユリ、その他個性豊かなキャラクター達の掛け合いも魅力的で、アフレコの時点でこの作品のファンのような気持ちです!早くこの物語をオンエアで沢山の方々と共有したくて仕方ありません」と熱く語った。

また、大地は「ファッションやメイクがとってもカッコいいキャラクターで、収録の際には“男役っぽく!”というディレクションを頂きました」というマックス(マキシーン・シルヴァーストーン)に挑む。
大地は学生時代に『タイバニ』を楽しんでいたそうで、自身に出演決定した際を「事務所で伝えられた時は本当に信じられなくて、都合の良い夢でも見ているのでは……と我が耳を疑いました。ついつい“ええっ!?やったあぁ!!”と声を上げて喜んでしまいました……(笑)」と振り返る。

男前なマックスとバディを組む「控えめな性格ですが、その場にいてニコニコとみんなのことを見ています」というユリ(ユリ・フジシロ)役は種崎。
“お母さんの様な存在”なユリ役に決まったときは「純粋に嬉しくて、決まったことを聞いた瞬間“ふぇ…”て変な声が出てしまった憶えがあります(笑)」と明かし、放送を待つファンへ向けて「(相方がマックスだけに)よろしくお願いしまっくす!」とメッセージを贈った。

『DOUBLE DECKER!ダグ&キリル』は、2018年秋TV放送&配信スタート。
また、9月2日に新宿で開催の「サンライズフェスティバル2018光焔」にて、“第1話&第2話”世界最速先行上映、そしてスペシャルトークステージも行われる。

 (C) SUNRISE/DD PARTNERS
《小野瀬太一朗》
【注目の記事】[PR]

編集部おすすめのニュース

特集