エヴァ新幹線、遂に「シンカリオン」へ変形! 運転士・碇シンジ役は"緒方恵美"が担当 | アニメ!アニメ!

エヴァ新幹線、遂に「シンカリオン」へ変形! 運転士・碇シンジ役は"緒方恵美"が担当

ニュース

『新幹線変形ロボ シンカリオン』シンカリオン&碇シンジ 500 TYPE EVA(C)PJ-S・J/S・TBS (C)カラー
  • 『新幹線変形ロボ シンカリオン』シンカリオン&碇シンジ 500 TYPE EVA(C)PJ-S・J/S・TBS (C)カラー
  • 『新幹線変形ロボ シンカリオン』シンカリオン 500 TYPE EVA(C)PJ-S・J/S・TBS (C)カラー
  • 『新幹線変形ロボ シンカリオン』碇シンジ(C)PJ-S・J/S・TBS (C)カラー
  • 『新幹線変形ロボ シンカリオン』500 TYPE EVA(C)PJ-S・J/S・TBS (C)カラー
  • 500 TYPE EVA(C)PJ-S・J/S・TBS (C)カラー
TVアニメ『新幹線変形ロボ シンカリオン』第31話(8月11日放送)で、アニメ『エヴァンゲリオン』から生まれた新幹線「500 TYPE EVA」が満を持して“シンカリオン”に変形する。その運転士として登場する碇シンジ役が、オリジナルキャストの緒方恵美に決定した。

「500 TYPE EVA」は、第17話(5月5日放送)より登場。同エピソードは『エヴァンゲリオン』をオマージュしたシーンをはじめ、主題歌「残酷な天使のテーゼ」やBGMなどで『エヴァンゲリオン』ファンからも大きな反響を呼んでいた。

『新幹線変形ロボ シンカリオン』500 TYPE EVA(C)PJ-S・J/S・TBS (C)カラー
今回の“シンカリオン”変形と碇シンジの登場は、以前よりアナウンスされていた「夏に向けた大きなコラボレーション」にあたるもの。『エヴァンゲリオン』と同じく碇シンジ役を務めることになった緒方のキャスティングは、『シンカリオン』側の熱烈なラブコールによって実現したという。

緒方はシンジ役としてオファーされた際の心境を「一報が流れた時にはまだ(シンジ役の)オファーを頂けていなかったので、違う方になるのかなと思ったんですけど、忘れた頃に頂けてうれしかったです(笑)。“これでエヴァ(500 系)に乗れるんだ!”と(笑)」とコメント。

『シンカリオン』世界の碇シンジについて「“あんまりしっかりしてないキャラなんです…”と申告し、作品に合わせて間をとらせて頂きました。おかげで普段よりはパキパキ喋る、“しっかりシンジ”になれた…かな? …と、思います…たぶん(笑)」と語り、視聴者に「エヴァのおかげで、シンカリオンの仲間(?)に加えて頂けて、とてもうれしいです。初号機とはまた違う、“ロボット”という感じのエヴァが観られます。激レア!(笑) ぜひお見逃しなく」と呼びかけた。

シンカリオンに変形する「500 TYPE EVA」、そして緒方演じる碇シンジが登場するTVアニメ『新幹線変形ロボ シンカリオン』第31話は8月11日オンエア。碇シンジは速杉ハヤトとどのように出会うのか、楽しみなエピソードとなりそうだ。
なお今回のコラボにはさらなる続報があるとのことで、今後の情報も見逃せない。

(C)PJ-S・J/S・TBS (C)カラー
《仲瀬 コウタロウ》
【注目の記事】[PR]

編集部おすすめのニュース

特集