アニメのロック音楽で一番印象的なものは? 「銀魂」「ハルヒ」を抑えたトップは… | アニメ!アニメ!

アニメのロック音楽で一番印象的なものは? 「銀魂」「ハルヒ」を抑えたトップは…

ニュース

6月9日は「ロックの日」
6と9の語呂合わせで生まれた記念日です。アメリカ合衆国で生まれたロックンロールを起源としており、いまや「ロック」は本来の意味を超えてさまざまな場所で使用されます。

アニメにとってもロックは欠かせない要素です。作中にロックミュージックが使われていたり、作品そのものが“ロック”だったりと、さまざまなタイトルや楽曲が思い浮かびます。

そこでアニメ!アニメ!では、「“ロック”だと思うアニメ&アニメで使用されているロック音楽で一番印象的なものは?」と題した読者アンケートを実施しました。
6月1日(金)から6月5日(火)までのアンケート期間中に83人から回答を得ました。男女比は男性約60パーセント、女性約40パーセントと男性が多め。年齢層は19歳以下が約37パーセント、20代が約33パーセントと若年層が中心でした。

今回は「アニメで使用されているロック音楽で一番印象的なものは?」の結果を発表します。
【関連記事】2017年の結果はこちら

■トップは『マクロス7』の「突撃ラブハート」 ロックだと思うアニメと2冠達成


1位は『マクロス7』の「突撃ラブハート」。支持率は約10パーセントでした。
「突撃ラブハート」は主人公の熱気バサラが所属するロックバンド・Fire Bomberの楽曲で、本編では主に挿入歌として使用されました。のちの「マクロス」シリーズでも使われたことのある人気曲です。2017年のランキングでは9位でしたが、今回はトップに躍り出ました。

『マクロス7』
『マクロス7』の楽曲は人気が高く、オープニングテーマの「SEVENTH MOON」や、OVA『マクロス ダイナマイト7』のOPテーマ「DYNAMITE EXPLOSION」など、「突撃ラブハート」以外の曲にも票が集まっています。楽曲の豊富さが分かる結果となりました。

2位は同票で4曲がランクイン。『劇場版 銀魂 新訳紅桜篇』の主題歌「バクチ・ダンサー」、「SHOW BY ROCK!!」シリーズの挿入歌「×旋律-Schlehit Melodie-」、『涼宮ハルヒの憂鬱』の挿入歌「God knows...」、『BanG Dream!』OVAのエンディングテーマ「熱色スターマイン」が同順位です。

「BanG Dream!」(C)BanG Dream! Project
同一タイトルの間で投票がばらけた楽曲も多く、「SHOW BY ROCK!!」シリーズは挿入歌の「旅路宵酔ゐ夢花火」と「流星ドリームライン」にも票が寄せられました。さらに『幕末Rock』はOPテーマ「What's this?」をはじめ全4曲に投票があり、ファンによって好みの曲が分かれたようです。
「アニメで使用されているロック音楽で一番印象的なものは?」のアンケートは、「“ロック”だと思うアニメ」以上に、2017年の結果から大きな変動が出ています。

■ランキングトップ5


[アニメで使用されているロック音楽で一番印象的なものは?]
1位 「突撃ラブハート」『マクロス7』
2位 「バクチ・ダンサー」『銀魂』
2位 「×旋律-Schlehit Melodie-」『SHOW BY ROCK!!』
2位 「God knows...」『涼宮ハルヒの憂鬱』
2位 「熱色スターマイン」『BanG Dream!』

(回答期間:2018年6月1日(金)~6月5日(火))

次ページ:同一タイトルで投票があった楽曲たちを紹介
《高橋克則》
【注目の記事】[PR]

編集部おすすめの記事

特集