「モンスト」劇場版で世界クオリティ目指す! 「宝石の国」オレンジが描く"宙に浮いた東京"の物語 | アニメ!アニメ!

「モンスト」劇場版で世界クオリティ目指す! 「宝石の国」オレンジが描く"宙に浮いた東京"の物語

ゲームアプリ「モンスターストライク」(通称:モンスト)を元にしたオリジナル長編アニメ映画として、『モンスターストライク THE MOVIE ソラノカナタ』の10月公開が決定した。『宝石の国』のオレンジが制作を手掛ける。

ニュース
『モンスターストライク THE MOVIE ソラノカナタ』ティザービジュアル(C)XFLAG
  • 『モンスターストライク THE MOVIE ソラノカナタ』ティザービジュアル(C)XFLAG
ゲームアプリ「モンスターストライク」(通称:モンスト)を元にしたオリジナル長編アニメ映画『モンスターストライク THE MOVIE ソラノカナタ』の10月公開が決定。『宝石の国』の制作を手掛けたオレンジが、世代を超え誰もが楽しみ感動できる“普遍的なテーマを持ったストーリー”と日本の伝統アニメーション表現を3DCGで描き出す。

『ソラノカナタ』の舞台は、東京の一部が宙に浮き上がったことで空中都市“旧東京”と地上に残った“新東京”に分断されている世界。地上で安全に暮らしていた人間たちが、ある日“旧東京”が墜落してしまうことを知ったところからストーリーが展開していく。

ティザービジュアルにも描かれている“2つに分かれた東京”を舞台に、ダイナミックな設定と、3DCGで描かれる美しい映像、そして制作陣の「モンストをご存知な方はもちろんのこと、知らない方も楽しめて、共感される作品を届けたい」という熱い想いから誕生したオリジナルのキャラクターとストーリーに期待が高まる作品だ。

本作は『とある魔術の禁書目録』シリーズの錦織博が監督、『宝石の国』のオレンジが制作を担当。“全く新しい長編CGアニメ”として、世代や国境を超えた共感・驚きを与える世界クオリティの作品を目指すという。
オレンジは3DCGによる美麗な映像表現に加え、先に収録されたセリフに合わせて声にあった動き・声に負けない動きをつけていく「プレスコ」スタイルでも知られており、その高い技術力にも注目となるだろう。

『モンスターストライク THE MOVIE ソラノカナタ』のより詳細な作品内容は、6月30日開催の「XFLAG PARK 2018」にて発表される予定だ。

『モンスターストライク THE MOVIE ソラノカナタ』
10月 全国ロードショー
監督:錦織博
制作:オレンジ
製作:XFLAG
配給:ワーナー・ブラザース映画
(C)XFLAG
《仲瀬 コウタロウ》
【注目の記事】[PR]
【注目の記事】[PR]

編集部おすすめのニュース

特集