「ロードス島戦記」30周年記念で"完全新作小説"発表 生みの親・水野良による書き下ろし | アニメ!アニメ!

「ロードス島戦記」30周年記念で"完全新作小説"発表 生みの親・水野良による書き下ろし

『ロードス島戦記』の30周年を記念し、完全新作小説が2018年冬に発売決定。新作は原作小説の生みの親である作家・水野良とイラストレーター・ 左による書き下ろしとなる。

ニュース
「ロードス島戦記」30周年記念で
  • 「ロードス島戦記」30周年記念で
  • 「ロードス島戦記」30周年記念で
  • 「ロードス島戦記」30周年記念で
『ロードス島戦記』の30周年を記念し、完全新作小説が2018年冬に発売決定。新作は原作小説の生みの親である作家・水野良とイラストレーター・ 左による書き下ろしとなる。

『ロードス島戦記』は、 1988年に角川スニーカー文庫より発売されたファンタジー小説。呪われた島「ロードス」を舞台に、 武者修行の旅に出たパーンが仲間たちと試練を乗り越えていく姿を描く。小説の枠を超えて、 テーブルトークRPGやコミック、 ラジオドラマ、 TVアニメ、 舞台、 ゲームなど様々な形でメディアミックスが展開された。

30周年ということを受け、水野は「『ロードス島戦記 灰色の魔女』が発刊されて30年が経ちました。 生まれて初めて書いた長編小説がミリオンセラーになるというのは、 まるで宝くじに当たるような幸運です。 これはひとえにロードスを応援してくださったファンの皆様、 未熟だった私を支えてくださった関係者の御尽力のおかげであると、 心より御礼を申しあげます」とコメント。

さらに「30年を経ても成長したという実感はありませんが、 今後も自分のスタイルを守りつつ、時代のニーズに応えられるような作家であり、ゲームデザイナーでありたいと思っておりますので、どうか変わらぬ御支援と御指導をよろしくお願いいたします」と、改めて感謝の気持ちを述べた。

また、『ロードス島戦記』30周年記念サイトでは、安田均、出渕裕、山田章博、美樹本晴彦、左らのお祝いメッセージも掲載されている。ファンはこちらも是非チェックして欲しい。
《室園あ子》
【注目の記事】[PR]

編集部おすすめのニュース

特集