「劇場版 七つの大罪」最凶の敵役に森川智之! 新キャスト&ビジュアル&予告編が公開 | アニメ!アニメ!

「劇場版 七つの大罪」最凶の敵役に森川智之! 新キャスト&ビジュアル&予告編が公開

2018年8月18日全国公開の『劇場版 七つの大罪 天空の囚われ人』のキービジュアル第二弾が発表された。あわせて劇場版オリジナルキャラクターのキャスト、予告編映像が公開された。

ニュース
2018年8月18日全国公開の『劇場版 七つの大罪 天空の囚われ人』のキービジュアル第二弾が発表された。あわせて劇場版オリジナルキャラクターのキャスト、予告編映像が公開された。

【フォトギャラリー】『劇場版 七つの大罪 天空の囚われ人』新情報を写真でチェック

『七つの大罪』の原作は、「週刊少年マガジン」(講談社)連載中のコミックス累計2750万部を数えるヒロイック・ファンタジー。
TVアニメは2014年に第1期が放送され、その人気を受けて2016年にはTVスペシャル全4話がオンエア。2018年1月からは新シリーズ『七つの大罪 戒めの復活』が放送中であり、『天空の囚われ人』は満を持しての銀幕デビュー作だ。


劇場版では、<七つの大罪>達が国王の誕生日を祝うため、幻の食材・天空魚を探しに辺境の地へ向かうことから物語が始まる。団長のメリオダスと、人の言葉を話す豚のホークは、天空魚を求めるうちに空高く、雲の上に存在する天空の世界“天空宮”へと飛ばされてしまう。
その時、三千年間封印される凶悪な魔獣の解放を防ぐため儀式の準備をしていた天空宮に“ベルリオン”率いる強靭な魔神族の集団〈黒の六騎士〉が姿を現す。残虐非道な彼らからみんなを守るために<黒の六騎士>と戦うメリオダスが描かれる。

今回発表された劇場版オリジナルキャラクターは3人。雲の上に存在する天空の世界“天空宮”に暮らす、天翼人の少年・ソラーダを代永翼、どことなくエリザベスに似た容姿だが、中身は勝気なおてんば娘・エルラッテを戸松遥、「十戒」に次ぐ強さを誇る「黒の六騎士」のリーダー・ベルリオンを森川智之が演じる。

ソラーダ役を務める代永は「自分がまさかこの作品に参加出来るとは思ってもいなかったので凄く嬉しいと同時に緊張もしております。大罪メンバーの力に少しでもなれればいいなと思っておりますので皆さん応援宜しくお願い致します」とコメント。

エルラッテ役を務める戸松は「今回のお話の中で大事な役柄とポジションになるので、ステキな作品作りのお手伝いができるよう、そして皆様に楽しんでいただけるよう全力で演じていきたいと思います!」と意気込みを語った。

一方ベルリオンを演じる森川は「ファンの皆さんの期待に応えられるよう、私もこの大役をしっかりと演じきろうと思っています。是非、劇場にお越しください、おたのしみに!」と作品をアピール。

また4月13日からは前売り券第2弾が発売されており、特典として全国1万枚限定の『七つの大罪』ワールドステッカーが付属する。

『劇場版 七つの大罪 天空の囚われ人』
2018年8月18日(土)全国ロードショー
(C)鈴木央・講談社/「劇場版 七つの大罪」製作委員会
《室園あ子》
【注目の記事】[PR]
【注目の記事】[PR]

編集部おすすめの記事

特集