アニメ化決定の位置情報ゲーム「イングレス」のキャラデザ公開 スタッフも明らかに | アニメ!アニメ!

アニメ化決定の位置情報ゲーム「イングレス」のキャラデザ公開 スタッフも明らかに

TVアニメ『イングレス』のメインキャラクターがAR舞台挨拶にて発表された。メインスタッフも明らかになり、イベントに登壇した監督やプロデューサー陣が作品への意気込みを語った。

ニュース
「Makoto(マコト)」(C)『イングレス』製作委員会
  • 「Makoto(マコト)」(C)『イングレス』製作委員会
  • 「イングレス」(C)『イングレス』製作委員会
  • 「Makoto(マコト)」(C)『イングレス』製作委員会
  • 「Sarah(サラ)」(C)『イングレス』製作委員会
  • 「Sarah(サラ)」(C)『イングレス』製作委員会
  • 「Jack(ジャック)」(C)『イングレス』製作委員会
  • 「Jack(ジャック)」(C)『イングレス』製作委員会
TVアニメ『イングレス』のメインキャラクターがAR舞台挨拶にて発表された。メインスタッフも明らかになり、イベントに登壇した監督やプロデューサー陣が作品への意気込みを語った。

4月7日に福岡市内にてゲーム『Ingress』のユーザーイベントである「Mission Day Fukuoka」「XM Festival Fukuoka」にて、メインキャラクターがAR技術によってステージに登壇。Makoto(マコト)、Sarah(サラ)、Jack(ジャック)の3人が姿を現わし、拡張現実エンターテインメントならではのAR舞台挨拶が行われた。
このイベントを皮切りに、TVアニメのメインスタッフも公開。監督は既報の通り『ソウタイセカイ』や『新世紀いんぱくつ。』を手がけた櫻木優平が担当。アニメーション制作はクラフターが行い、プロデューサーは同社取締役の石井朋彦が務める。さらにキャラクター原案には『ヱヴァンゲリヲン新劇場版』シリーズの総作画監督などを務めた本田雄が参加し、豪華なメンバーが揃った。

イベントに登壇した櫻木監督は「この度は監督を務めさせていただき、大変光栄です。自分自身Ingressをプレイし、リアルワールドと繋がった面白さを実感しました」とコメント。そして「どういったアニメにすれば、イングレスを知っている皆さまや、またこれから知る皆さまに、心から楽しんでいただけるか考えながら制作を進めております。何卒お付き合いの程、よろしくお願い申し上げます」とメッセージを伝えた。
石井プロデューサーも「位置情報ゲームの金字塔である『Ingress』のアニメ化を担当させて頂き、日々、世界が全く違って見えることに驚き、感動しています。オリジナルキャラクターとストーリーでお届けする、現実とアニメが同時に進行する新たなエンターテインメントを、楽しみにお待ち頂ければ幸いです」と自らの思いを語った。

TVアニメ『イングレス』
2018年10月放送開始予定

[スタッフ]
原作:Niantic, Inc.
監督:櫻木優平
脚本:月島総記 / 月島トラ
音楽:カワイヒデヒロ
キャラクター原案:本田雄
副監督:入川慶也
CGディレクター:古川厚
美術監督:加藤浩(ととにゃん)/坂上裕文
美術監督補佐:新井帆海
モデリングディレクター:宮岡将志
アニメーションディレクター:小林丸
撮影監督:野村達哉
アニメーション制作:クラフター

(C)『イングレス』製作委員会
《高橋克則》
【注目の記事】[PR]

編集部おすすめのニュース

特集