梶裕貴、平田広明、のんらクロストークが炸裂! Netflixアニメ祭で作品の魅力アピール【2018】 | アニメ!アニメ!

梶裕貴、平田広明、のんらクロストークが炸裂! Netflixアニメ祭で作品の魅力アピール【2018】

3月24日、AnimeJapan 2018のRED STAGEにて「NETFLIX アニメ祭! スペシャルステージ」が行われた。Netflixにて配信中の4作から総勢7名のキャストが集結し、作品をまたいだクロストークで賑わいを見せた。

ニュース
梶裕貴、平田広明、のんらクロストークが炸裂! Netflixアニメ祭で作品の魅力アピール【2018】
  • 梶裕貴、平田広明、のんらクロストークが炸裂! Netflixアニメ祭で作品の魅力アピール【2018】
3月24日、AnimeJapan 2018のRED STAGEにて「NETFLIX アニメ祭! スペシャルステージ」が行われた。Netflixにて配信中の4作から総勢7名のキャストが集結し、作品をまたいだクロストークで賑わいを見せた。

Netflixのステージには、『B: The Beginning』からキース・風間・フリック役の平田広明、黒羽役の梶裕貴、『A.I.C.O. Incarnation』から橘アイコ役の白石晴香、神崎雄哉役の小林裕介、『ソードガイ The Animation』から緒方凱役の上村祐翔、一条晴也役の梅原裕一郎、そして『この世界の片隅に』ですずを演じたのんが登壇。キャストがそれぞれの作品について紹介してからQ&Aコーナーに移った。

まず『B』の黒羽は異形の怪人に変身する能力を持つことから「変身能力があったら何に変身したい?」という質問が飛びだした。梶は「ほかの役者さんの声になれたら嬉しいなと思います」と真っ直ぐな回答。それに対して平田は「真面目だね! 仕事から離れて考えてみたら?」とコメントしつつ、自分はがんもどきになりたいとシュールな答えを披露。のんも日本一で派手だからという理由で「富士山」を挙げるという三者三様の回答が見られた。
そのほか、『A.I.C.O』が2037年を舞台にしていることから「今から19年後の未来はどうなっていてほしい?」、『ソードガイ』に関連した「あなたにとって最強の武器は?」といった質問もあり、キャスト7人を巻き込んでトークを展開した。

最後はキャストが出演作の魅力を伝えた。平田は『B: The Beginning』の脚本が練り上げられていることを語り、「12話一挙配信の作品ですが、通して見たらもう一度頭から見たくなります。ぜひお楽しみください」とコメント。
白石は『A.I.C.O.』が劇場アニメに匹敵するほど画面が美しく「アイコの立場になって一緒に旅をしているような気持ちで見ていただければ」とメッセージを寄せた。

上村は『ソードガイ』ではのびのびと演じることができたとアフレコの裏話を披露。「キャスト・スタッフ一人一人の強い想いが、技や武器を通して感じられる作品になっています」と語った。
のんは2016年に公開された『この世界』の軌跡を振り返りつつ、Netflixでの配信で作品がさらに広がっていくことを期待した。そして「まだ見たことがないという方は、ぜひ気軽にポチッと見ていただければと思います」と話して、イベントは幕を閉じた。
《高橋克則》
【注目の記事】[PR]

編集部おすすめのニュース

特集