「重神機パンドーラ」河森総監督&前野智昭らキャスト陣が見どころをトーク! 放送直前SPステージ | アニメ!アニメ!

「重神機パンドーラ」河森総監督&前野智昭らキャスト陣が見どころをトーク! 放送直前SPステージ

3月24日(土)・25日(日)に開催の日本最大級アニメイベント・AnimeJapan 2018。第一日目、WHITE STAGEでは4月より放送スタートとなる『重神機パンドーラ 放送直前スペシャルステージ』が行われた。

イベント・レポート
注目記事
「重神機パンドーラ」河森総監督&前野智昭らキャスト陣が見どころをトーク! 放送直前SPステージ
  • 「重神機パンドーラ」河森総監督&前野智昭らキャスト陣が見どころをトーク! 放送直前SPステージ
3月24日、日本最大級アニメイベント・AnimeJapan 2018のWHITE STAGEにて、4月より放送スタートとなる『重神機パンドーラ 放送直前スペシャルステージ』が開催された。

『創聖のアクエリオン』や「マクロス」シリーズで監督を務める河森正治が原作・総監督を務めることで話題を集めている『重神機パンドーラ』。近未来を舞台に、特異進化生物「B.R.A.I」と特殊部隊「パンドーラ」との人類存亡をかけた戦いが繰り広げられる、という内容だ。

イベントが始まると、ステージにレオン・ラウ役の前野智昭、ダグ・ホーバット役の津田健次郎、クロエ・ラウ役の東山奈央、グレン・ディン役の内田雄馬、ジェイ・ユン役の梅原裕一郎、セシル・スー役の茅野愛衣、原作・総監督の河森正治が登壇。観客から大きな拍手で迎えられた。

まず、作品の見どころについて質問を受けた河森監督は、なかなか打ち解けない「パンドーラ」のメンバーが徐々に友情が芽生え、チームワークができていく過程と回答。人類の存亡をかけた戦いという極限状態の中での登場人物の心理描写や人間ドラマに期待が高まる。

続いて、キャスト陣がそれぞれ演じたキャラクターについて。その中で盛り上がったのは、天才科学者であるものの人付き合いが苦手で、妹がいないと日常生活もままならないという主人公のレオン・ラウ。河森監督は、天才科学者でありながら普段はだらしなく、妹のクロエがいないと生きていけない“もっさりしたキャラクター”と評しつつも、なかなかこういった主人公はいないとアピールした。

一通りキャラクター紹介が終了した後は、追加キャストの発表へ。「パンドーラ」の敵役として檜山修之、中村悠一、近藤孝行、石川界人の4名が担当することがわかった。
ここで、追加キャストの一人である中村悠一さんがサプライズゲストとして登場。中村が演じるジークは敵一味の参謀役でミステリアスな印象を与えるキャラとのことだ。

次にOPテーマ「シリウス」、EDテーマ「Spica」を人気バンドのBUMP OF CHICKENが担当することが発表され、会場からどよめきが起こる。さらに、会場のスクリーンにBUMP OF CHICKENからのビデオレターが上映され、監督が過去に担当した作品を見ていたこと、作品資料を見てワクワクした気持ちになったことなどについて語ってくれた。

広告の後にも続きます
最後に、前野と河森監督が締めの挨拶を行い、「B.R.A.I」との戦い、キャラクター同士の関係性、進化するということなど作品の見どころを改めて伝え、イベント終了となった

AnimeJapan 2018
ビジネスエリア:2017年3月22日(木)~3月23日(金)
メインエリア:2016年3月24日(土)~3月25日(日)
会場:東京ビッグサイト
《冴島友貴》
【注目の記事】[PR]

編集部おすすめのニュース

特集