「鹿楓堂よついろ日和」「YU-NO」AJステージ 、諏訪部順一&小澤亜李らキャストが語る見どころは? | アニメ!アニメ!

「鹿楓堂よついろ日和」「YU-NO」AJステージ 、諏訪部順一&小澤亜李らキャストが語る見どころは?

3月24日、AnimeJapan 2018のREDステージにて「ジェンコ新作アニメステージ -『鹿楓堂よついろ日和』『この世の果てで恋を唄う少女YU-NO』-」が行われた。総勢8人のゲストが出演し、ジェンコが送る最新作の魅力をファンに紹介した。

ニュース
3月24日、AnimeJapan 2018のREDステージにて「ジェンコ新作アニメステージ -『鹿楓堂よついろ日和』『この世の果てで恋を唄う少女YU-NO』-」が行われた。総勢8人のゲストが出演し、ジェンコが送る最新作の魅力をファンに紹介した。

【フォトギャラリー】ジェンコ新作アニメステージの模様、写真でもっと見る?

まずは『この世の果てで恋を唄う少女YU-NO』のイベントからスタート。有馬たくや役の林勇、島津澪役の釘宮理恵、波多乃神奈役の内田真礼、ユーノ役の小澤亜李がステージに現れて、本作やキャラクターの魅力を語った。
『YU-NO』は1996年に発売されたSFアドベンチャーゲームが原作で、これまで何度もリメイクされた人気作だ。リメイク版でキャラクターに息を吹き込んだキャスト陣が、どのような熱演を披露するのか期待が膨らんでいく。
さらに平川哲生監督もビデオメッセージで出演。全キャラクターの全ルートを描くことや、ゲームでは描かれなかった女性キャラ同士の人間関係も描くことなどが明かされた。最後に林は「『YU-NO』の良さを伝えられるように、キャストとスタッフの皆さんとで一致団結して作っていきたいと思います。皆さん楽しみにしていてください」とコメントを発表した。

続いて『鹿楓堂よついろ日和』から、スイ役の諏訪部順一、ときたか役の中村悠一、東極八京役の前野智昭が出演。ステージにはキャラクターのスタンディPOPも登場し、和風喫茶・鹿楓堂の世界観を表現した。
トークではアフレコの裏話も飛び出した。作中には美味しい和菓子が多数描かれているため、キャスト陣は「アフレコ中もお腹が空いてくる」と本音を披露。お腹の音が鳴ってしまいNGになったこともあったと振り返る。
また諏訪部、中村、前野はこれまでも多くのアニメで共演してきたが、どちらかといえばアクション作品が多く、今回のようなほのぼのとした作品で一緒になるのは珍しいとのこと。そういった意味でも新鮮な気持ちでアフレコに臨めているようだ。

後半にはOPアーティストのakiが登壇。OPテーマ「桜色クリシェ」について「歌詞の中にも作品を連想させるような単語がいくつも入っています」と注目ポイントを語り、「私も楽曲を通じて『鹿楓堂よついろ日和』という作品を彩っていければいいなと思っています」と意気込みを伝える。
ステージのフィナーレでは諏訪部が「この作品は穏やかな気持ちになれる素敵なドラマです。でも夜の放送なので、見終わった後にメッチャお腹が空いてしまうかもしれません」とコメント。そして「いいんだよ食べても……。カロリーはご馳走だよ。糖質大好き!」と絶叫。ファンの笑いを誘いつつ、イベントは幕を閉じた。
《高橋克則》
【注目の記事】[PR]

編集部おすすめの記事

特集