ツインエンジン、アニメの新しい可能性探るメディア「ショートアニメ.com」始動 | アニメ!アニメ!

ツインエンジン、アニメの新しい可能性探るメディア「ショートアニメ.com」始動

ニュース

アニメの企画・プリプロダクションを専門に行う「ツインエンジン」は3月23日、新しいアニメの可能性を探るメディアとして「ショートアニメ.com」を始動。アニメクリエイター・りょーちも氏を中心に先進的な映像プリプロダクションを行うユニット「ベイクドパンケーキラボ」もスタートし、同サイトでプロジェクトを追いかけていくことを発表した。

「ショートアニメ.com」は、スマートフォンの普及やネット配信の台頭でアニメを取り巻く環境が急激な変化を見せているなか、それに対応したアニメ企画・プリプロダクションのあり方を探求し、クリエイターの新しいチャレンジを追いかけ応援することを目的としたメディアである。
同サイトはオリジナルショートアニメ企画の発信をはじめ、コラボ企画の募集や発表の場としての機能はもちろん、様々なクリエイターの新しいチャレンジングな企画の紹介も行っていくという。

そのピックアッププロジェクトとしてスタートした「ベイクドパンケーキラボ」は、『夜桜四重奏 ~ハナノウタ~』などで知られるりょーちも氏を中心に、2D描画も可能なCGソフト「Blender」でアニメのプリプロを中心とした制作を行うユニットとなる。
プリプロ制作にフォーカスすることで既存のアニメワークフローの効率化を促進し、そこから生まれる機動力や提案力を活かして、テレビや劇場のみならず様々な出口に対して企画~制作を行えることが特色だ。サイトでは早速、新規案件の企画~制作までを受け付けている。

また「Anime Japan 2018」内ツインエンジンブースでは3月25日14時より、ピックアッププロジェクトの「『ペンギン・ハイウェイ』スタジオコロリド 石田祐康 & 新井陽次郎 スペシャルトークイベント」が開催。イベントでは作品の話題はもちろん、豪徳寺にあるスタジオを紹介する「コロリド探訪」も予定されている。

そのほかのピックアッププロジェクトとしては、3月1日発売の月刊誌「ブレーン」4月号にて映画『ペンギン・ハイウェイ』のコラボモニター募集プロジェクトも実施中。同誌にはツインエンジン代表取締役・山本幸治氏らによる「アニメーションコンテンツの潜在力」スペシャル対談も掲載されているので、あわせて目を通して欲しい。

AnimeJapan 2018「『ペンギン・ハイウェイ』スタジオコロリド 石田祐康 & 新井陽次郎 スペシャルトークイベント」
詳細:ツインエンジンブース(東5ホール J57)
   3月25日(日)14:00
出演:石田祐康(監督)・新井陽次郎(キャラクターデザイン)

[アニメ!アニメ!ビズ/animeanime.bizより転載記事]
《仲瀬 コウタロウ》
【注目の記事】[PR]

編集部おすすめの記事

特集