「映画プリキュアスーパースターズ」シリーズ歴代1位の好スタート! 初週の興収2億2600万円 | アニメ!アニメ!

「映画プリキュアスーパースターズ」シリーズ歴代1位の好スタート! 初週の興収2億2600万円

ニュース

3月17日より全国公開された『映画プリキュアスーパースターズ』が、初日2日間の観客動員20万2,750 人、興行収入226,236,600 円を記録。昨年春の記録を大幅に塗り替え、シリーズ歴代1位の大ヒットとなった。

2017年3月18日に公開され、興収7億円を記録した『映画プリキュアドリームスターズ!』との対比で143.5%を上回る好調なスタートを切った。これまで「映画プリキュア」シリーズ歴代第1位の興行成績を記録していた『映画プリキュアオールスターズ DX2 希望の光☆レインボージュエルを守れ!』を超える快挙となり、春・秋の「映画プリキュア」シリーズを通じてシリーズ歴代1位を記録した。

本作はプリキュアシリーズの劇場版通算24作目。18年2月放送の『HUGっと!プリキュア』を中心に、『キラキラ☆プリキュアアラモード』、『魔法つかいプリキュア!』の3世代が大集結。突然現れた怪物・ウソバーッカが世界をウソだらけにする為に暴れはじめ、プリキュアアラモードと魔法つかいプリキュアまでもが狙われてしまう。そんな中、『HUGっと!プリキュア』の主人公・野乃はなは、幼い頃に出会った不思議な男の子との約束を果たせなかったことを思い出し、気持ちを伝えようと奔走するストーリーだ。

ますます好調な動きを見せる「プリキュア」シリーズ、今後の躍進にも注目したい。

『映画プリキュアスーパースターズ』
(c)2018 映画プリキュアスーパースターズ!製作委員会
《室園あ子》
【注目の記事】[PR]

編集部おすすめの記事

特集