脚本家・岡田麿里の"自分の100パーセント"とは? 初監督作「さよ朝」の裏側明かす | アニメ!アニメ!

脚本家・岡田麿里の"自分の100パーセント"とは? 初監督作「さよ朝」の裏側明かす

2月13日、人気脚本家・岡田麿里の初監督作品となる『さよならの朝に約束の花をかざろう』の完成披露試写会が新宿バルト9にて開催。イベントには岡田監督、声優・石見舞菜香、P.A WORKSの堀川憲司プロデューサーが登壇した。

ニュース
『さよならの朝に約束の花をかざろう』完成披露試写会 オフィシャルスチール(C)PROJECT MAQUIA
  • 『さよならの朝に約束の花をかざろう』完成披露試写会 オフィシャルスチール(C)PROJECT MAQUIA
  • 『さよならの朝に約束の花をかざろう』マキア(C)PROJECT MAQUIA
  • 『さよならの朝に約束の花をかざろう』場面カット(C)PROJECT MAQUIA
  • 『さよならの朝に約束の花をかざろう』場面カット(C)PROJECT MAQUIA
  • 『さよならの朝に約束の花をかざろう』場面カット(C)PROJECT MAQUIA
  • 『さよならの朝に約束の花をかざろう』場面カット(C)PROJECT MAQUIA
  • 『さよならの朝に約束の花をかざろう』場面カット(C)PROJECT MAQUIA
  • 『さよならの朝に約束の花をかざろう』場面カット(C)PROJECT MAQUIA
2月13日、『あの日見た花の名前を僕達はまだ知らない。』などで知られる人気脚本家・岡田麿里の初監督作品となる『さよならの朝に約束の花をかざろう』の完成披露試写会が新宿バルト9にて開催。イベントには岡田監督をはじめ、メインキャラクターのマキア役を務めた石見舞菜香、P.A WORKSの堀川憲司プロデューサーが登壇した。

【フォトギャラリー】『さよならの朝に約束の花をかざろう』場面写真から世界観を覗いてみる?

まず企画のスタートについて聞かれた岡田監督は、「堀川さんのほうから“岡田さんの100パーセントを出した作品を観てみたい”と言っていただいて、100パーセントってなんだろうと考えた時に、100パーセント自分の観たいものなら近づけられるかも、と散々考えた結果、監督をやらせてください!とお願いしてしまいまいした。(笑)」と当時を回想。
その起用について、 堀川プロデューサーは「最初は、岡田さん小説原作のものをつくりたい、と思っていたんです。でも、飲み屋で、緊張した姿でその覚悟を伝えられて、ぐっと来ましたね」との裏側を明かした。

『さよならの朝に約束の花をかざろう』は今までの岡田作品とは一味違った、完全オリジナルのファンタジー作品になっている。
岡田監督はその理由を「自分が昔観ていてワクワクした劇場アニメは、ファンタジーが多かったのと、今回は、監督がやらせていただけるということで、いままでと違った表現をしたかったんです」と説明。
「監督として自分のイメージを直接スタッフに伝える」ことで、「ファンタジーの世界に普段の世界の地続きの感情をのせたら、少し新しいものが作れるのかもしれないと思いました」と、監督だからこそ実現できたこだわりを語る。

またキャラクターの着想については、「『凪のあすから』だったり、時間の経過の進み方がちがうことで起こる物語が、すごく好きだったので、オリジナル作品でこのテーマをさらに掘ってみたかった」とコメント。
そんな中で生まれた、永い命を持つ少女・マキアを演じた石見は、オーディションの際「キャラクターの絵がわからない状態で、設定とセリフがあって、それをみて自分が感じたまま演じてください、と言われた」ことを明かし、岡田は「その時の資料に“見つけた”って書いたんです」とまさに奇跡のような出会いだったことを振り返った。

本作を通じて「作品って生き物なんだな」と思ったという岡田監督は、「追い上げ期間のスタッフの熱量がすごくて、最後の1、2ヵ月でものすごく変わったんです」と回想を交えながら、「私はいつもは脚本という役割なので、一番最初に入って一番最初に抜けてしまうんですけど、監督になって、最後の瞬間までみんなと一緒に立ち会えたというのが本当にうれしかったです」と、初監督で味わった感動についても吐露。

最後は堀川プロデューサーが、「スタッフの、作品づくりにかけてきた3年間が報われるような作品をつくってほしい、と思っていたんですけれど、出来上がったものをみてスタッフが喜んでいる顔をみて、僕も監督に感謝しました」と締めくくった。

『さよならの朝に約束の花をかざろう』
2018年2月24日(土)全国ロードショー
(C)PROJECT MAQUIA
《仲瀬 コウタロウ》
【注目の記事】[PR]
【注目の記事】[PR]

編集部おすすめのニュース

特集