人気脚本家・岡田麿里が紡ぐ世界観...初監督作「さよ朝」ワールドを覗いてみる?キャラ設定公開 | アニメ!アニメ!

人気脚本家・岡田麿里が紡ぐ世界観...初監督作「さよ朝」ワールドを覗いてみる?キャラ設定公開

ニュース

『さよならの朝に約束の花をかざろう』場面カット(C)PROJECT MAQUIA
  • 『さよならの朝に約束の花をかざろう』場面カット(C)PROJECT MAQUIA
  • 『さよならの朝に約束の花をかざろう』マキア(C)PROJECT MAQUIA
  • 『さよならの朝に約束の花をかざろう』マキア(C)PROJECT MAQUIA
  • 『さよならの朝に約束の花をかざろう』エリアル(C)PROJECT MAQUIA
  • 『さよならの朝に約束の花をかざろう』エリアル(C)PROJECT MAQUIA
  • 『さよならの朝に約束の花をかざろう』レイリア(C)PROJECT MAQUIA
  • 『さよならの朝に約束の花をかざろう』クリム(C)PROJECT MAQUIA
  • 『さよならの朝に約束の花をかざろう』ラシーヌ(C)PROJECT MAQUIA
『あの日見た花の名前を僕達はまだ知らない。』などで知られる脚本家・岡田麿里が脚本とともに初監督を務める劇場アニメ『さよならの朝に約束の花をかざろう』。このたび、その壮大な物語が垣間見えるキャラクター設定がお披露目となった。

【フォトギャラリー】場面写真で『さよ朝』の世界観をもっと覗いてみる?

本作の主人公は、10代半ばで外見の成長が止まり数百年の寿命を持つ“別れの一族”イオルフの少女・マキア。もともと両親がおらず、他国軍の襲撃から仲間も帰る場所も失ってしまった“ひとりぼっち”の彼女は、暗い森の中で親を亡くしたばかりの“ひとりぼっち”の赤ん坊と出会い……。
時が経っても少女のままのマキアが、少年へ成長していく彼=エリアルとともに、かけがえのない時間を紡ぐ様子が描かれていく。

今回新たに公開されたキャラクター設定では、主人公・マキアをはじめとする登場人物たちの一端が発表された。
マキア(CV:石見舞菜香)は、数百年の寿命を持つイオルフの少女で、おとなしく見えるが芯は強いというキャラクター。一族の長寿の血を求めるメザーテ軍の襲撃を受けた際に偶然逃れ出て、拾った赤ん坊の母であろうと心に決める。
エリアル(CV:入野自由)は、そんなマキアが助けた人間の子どもである。流れ者の集落が賊に襲われた際に、彼だけが生き延びることになる。

そのほか、本作にはイオルフ一族の少女・レイリア(CV:茅野愛衣)、少年・クリム(CV:梶裕貴)、長老・ラシーヌ(CV:沢城みゆき)。
エリアルと出会ったばかりのマキアが迷い込むヘルム農場の女主人・ミド(CV:佐藤利奈)、メザーテの軍人・イゾル(CV:杉田智和)、各地を旅するバロウ(CV:平田広明)といったキャラクター達も存在する。彼らが“ひとりぼっち”の二人組とどのように関わっていくのか、続報を楽しみに待ちたい。

『さよならの朝に約束の花をかざろう』は、2018年2月24日よりロードショー。
(C)PROJECT MAQUIA
《仲瀬 コウタロウ》
【注目の記事】[PR]

編集部おすすめのニュース

特集