「劇場版コナン ゼロの執行人」上戸彩が12年ぶりに出演! 博多大吉が演じるのは“死んでる”キャラ? | アニメ!アニメ!

「劇場版コナン ゼロの執行人」上戸彩が12年ぶりに出演! 博多大吉が演じるのは“死んでる”キャラ?

ニュース

2018年4月13日に全国公開を迎える劇場版『名探偵コナン ゼロの執行人(しっこうにん)』より、ゲスト声優として上戸彩、博多大吉が出演することが発表。上戸が「コナン」シリーズに出演するのは、テレビアニメ10周年スペシャルサポーターとして本人役で登場して以来12年ぶりとなる。

【フォトギャラリー】『名探偵コナン ゼロの執行』上戸彩&博多大吉が演じるキャラを写真でチェック

劇場版22作目となる本作は、東京サミットの会場を狙った大規模爆破事件を発端に、探偵であるコナンと公安警察との真っ向衝突を描いたストーリー。
20作目『純黒の悪夢(ナイトメア)』に続き、私立探偵・黒ずくめの組織・公安警察のトリプルフェイスを使いこなす謎の男・安室透がメインキャラクターとして登場することで注目を集めている。

ゲスト声優の上戸が演じるのは、容疑者となってしまった毛利小五郎を担当する弁護士・橘境子。考案事件を探偵することが多い眼鏡をかけた女弁護士で、コナンや毛利家との関わりも多い重要人物だ。
博多大吉が演じるのはかつて境子が所属していた弁護士事務所で裁判官を目指していた司法修習生・羽場二三一。とある事件をきっかけにすでに命を落としているという役柄だ。

上戸は今回のゲスト出演について「コナン君は国民的アイドルと言いますか、とても大人気!!ですし、特に映画となると常に1位を獲得しているイメージしかなくて。今回この『ゼロの執行人』に自分も携わることが出来て本当に光栄です」と喜びのコメント。さらに「境子は一見頼りなさそうに見えるかもしれませんが、真実はいつも一つです!私にお任せください!」と意気ごみを語る。

一方の博多大吉は、自身が演じるキャラクターがすでに死んでいることについて「前、(別作品で)妖怪役をやらせていただいたことがあったんですけど、やっと人間に出世したと思ったらまさか既に死んでいるとは…。驚きましたが頑張りたいと思います」と語った。

ふたりが演じるキャラクターがコナンや安室透らとどのように関わっていくのか注目だ。

『名探偵コナン ゼロの執行人』
2018年4月13日(金)より全国東宝系にてロードショー
(C)2018 青山剛昌/名探偵コナン製作委員会
《沖本茂義》
【注目の記事】[PR]

編集部おすすめの記事

特集