「ひそねとまそたん」18年4月放送! 樋口真嗣総監督、久々アニメに「ほとんど浦島太郎です」 | アニメ!アニメ!

「ひそねとまそたん」18年4月放送! 樋口真嗣総監督、久々アニメに「ほとんど浦島太郎です」

樋口真嗣総監督と脚本・岡田麿里によるオリジナルTVアニメ『ひそねとまそたん』が、2018年4月からの放送開始を発表。あわせて先行解説インタビューも公開され、樋口総監督からは作品への期待や見どころに関するコメントが到着した。

ニュース
『ひそねとまそたん』先行解説インタビュー キャプチャ(C)BONES・樋口真嗣・岡田麿里/「ひそねとまそたん」飛実団
  • 『ひそねとまそたん』先行解説インタビュー キャプチャ(C)BONES・樋口真嗣・岡田麿里/「ひそねとまそたん」飛実団
  • 『ひそねとまそたん』先行解説インタビュー キャプチャ(C)BONES・樋口真嗣・岡田麿里/「ひそねとまそたん」飛実団
  • 『ひそねとまそたん』先行解説インタビュー キャプチャ(C)BONES・樋口真嗣・岡田麿里/「ひそねとまそたん」飛実団
  • 『ひそねとまそたん』先行解説インタビュー キャプチャ(C)BONES・樋口真嗣・岡田麿里/「ひそねとまそたん」飛実団
樋口真嗣総監督と脚本・岡田麿里によるオリジナルTVアニメ『ひそねとまそたん』が、2018年4月からの放送開始を発表。あわせて先行解説インタビューも公開され、樋口総監督からは作品への期待や見どころに関するコメントが到着した。

『ひそねとまそたん』は、航空自衛隊が管理するドラゴンと新人搭乗員たちを主人公にした斬新なお仕事ストーリー。『シン・ゴジラ』の樋口総監督が『あの日見た花の名前を僕達はまだ知らない。』の脚本・岡田と練りあげたオリジナルストーリーが、ドラゴンと少女の交流を通じてハートフルに展開していく。
ほか小林寛監督、キャラクター原案・青木俊直、音楽・岩崎太整らも参加し、『交響詩篇エウレカセブン』のボンズによって制作される愛と笑いと涙の現代日本神話だ。

放送時期とともに公開された先行解説インタビューには、制作陣から樋口総監督とキャラクター原案の青木が登場。
樋口総監督は「ピュアな青木さんのキャラクターに岡田さんの毒が盛り込まれる」ことへの期待感を語り、「青木さんの絵に物凄い惚れ込んだ (キモチが)自分を突き動かしている」ことを吐露。二十数年ぶりにアニメの世界に戻ってきた自身を「ほとんど浦島太郎でございます」と表現し、作品の見どころについて「(岡田や青木と組む)新鮮なところから何が生まれるか」にあると述べた。

またキャラクター原案の青木は、その仕事内容や制作工程について語ったほか、「人はひとりじゃ生きていけない」話が描かれるというストーリーや見どころについてもコメント。映像には青木によるラフスケッチの制作過程も多数盛り込まれた。

オリジナルTVアニメ『ひそねとまそたん』は、2018年4月よりTOKYO MX・BSフジほかにて放送スタート。



『ひそねとまそたん』
(C)BONES・樋口真嗣・岡田麿里/「ひそねとまそたん」飛実団
《仲瀬 コウタロウ》
【注目の記事】[PR]

編集部おすすめのニュース

特集