「劇場版 マジンガーZ」初日舞台挨拶、永井豪「自分が観たかったマジンガーはこれだった」 | アニメ!アニメ!

「劇場版 マジンガーZ」初日舞台挨拶、永井豪「自分が観たかったマジンガーはこれだった」

ニュース

『劇場版 マジンガー Z / INFINITY』は1月13日、東京・丸の内TOEIにて初日舞台挨拶を実施。壇上には主人公・兜甲児役の森久保祥太郎ほか、茅野愛衣(弓さやか役)、上坂すみれ(リサ役)、花江夏樹(兜シロー役)、宮迫博之(あしゅら男爵・男性側)、志水淳児監督らが一挙に集結した。

登壇した森久保は、開口一番「みなさん楽しんでいただけましたでしょうか?」と問いかけ、大きな拍手が沸き起こる中で舞台挨拶がスタート。それぞれが一言述べたあと、志水監督が「スタッフみんなで情熱を持って作り上げました!ありがとうございます」と感謝を示した。

続いてここで、原作者・永井豪とOPテーマを担当する水木一郎も登場。「またマジンガーをスクリーンで観られて自分でも幸せです」という永井は「自分が観たかったマジンガーはこれだったと、本当に感動しました!」と語り、水木は「まさか45年以上と経って劇場版で歌えるとは思っていませんでした」と感動しきりだった。

「シビレましたね!脳天にきました!(笑)」と兜甲児のセリフを引用した永井には、森久保が笑顔を見せつつ「(自分がこのセリフを)言っちゃっていいんですか!?」と、恐縮しつつも挑んだというアフレコ現場を回想。「実はロボットに乗ったのは今回が初めてだったんです。そういう意味でもすごく感慨深いです」という心境を明かした。

また弓さやか役に決まった当時を「日本だけでなく世界中で人気がある作品ということはもちろん知っていましたし、本当に驚きでした。まさに光子力ビームがでてしまう勢いで!(笑)」と振り返った茅野らのコメントの後には、水木による「マジンガーZ INFINITYバージョン」の生ライブが実現。登壇者全員と客席が一体となったフルコーラスの大合唱に、水木は「幸せです!」と絶叫した。

そして舞台挨拶の最後には、森久保が「日本が世界に誇るアニメーション。その最初の作品と言えるのがこのマジンガーZと言われています。昭和から平成へ伝える、その一端を担えたことが本当に幸せです。これからもマジンガーを応援してください!」と呼びかけ、永井は「この作品をまたみなさんに語りつづけてくれたら嬉しいです!」とコメント。新たな“マジンガー伝説”誕生の瞬間を締めくくった。

『劇場版 マジンガー Z / INFINITY』
(C)永井豪/ダイナミック企画・MZ製作委員会
《仲瀬 コウタロウ》
【注目の記事】[PR]

編集部おすすめの記事

特集