「映画 中二病でも恋がしたい!」初日舞台挨拶 福山潤「尊さを感じられる素晴らしい作品に」 | アニメ!アニメ!

「映画 中二病でも恋がしたい!」初日舞台挨拶 福山潤「尊さを感じられる素晴らしい作品に」

ニュース

2018年1月6日、『映画 中二病でも恋がしたい! -Take On Me-』の初日舞台挨拶が、東京・新宿ピカデリーにて行われた。富樫勇太役の福山潤ほか小鳥遊六花役の内田真礼、丹生谷森夏役の赤﨑千夏、五月七日くみん役の浅倉杏美、凸守早苗役の上坂すみれ、石原立也監督ら主要メンバーの勢揃いに、会場は大いに盛り上がった。

TVシリーズ第1期、劇場版、TVシリーズ第2期と経て、約4年ぶりの復活作品となる『映画 中二病でも恋がしたい! -Take On Me-』。新作では六花と勇太による恋愛逃避行が描かれ、旅を経ることで揺れる2人の想いにスポットが当てられる。

福山は映画の仕上がりに「勇太たちの1つの区切りを、4年ぶりの完全新作として皆様にお届け出来てとても嬉しいです。イチャイチャ感満載の物語ですが、むしろ尊さを感じられる素晴らしい作品になったと思います」と語り、
内田は「こんなにも『中二病でも恋がしたい!』が長く愛され、劇場版を制作し、今日を迎える事が出来てとても嬉しく思っております。暗黒に染められた公開初日の素晴らしい日に、皆さんと一緒に『中二病』の事を語り合う事が出来てとても幸せな1日になりました」と感慨にふけるコメント。

また赤﨑は作品の今後に「次の機会があれば、『中二病でも婚約したい!』 『中二病でも結婚したい!』といった新たなキャラクターの姿を、皆様と一緒に観れるといいなと思います」との期待を込め、
浅倉は「『映画 中二病でも恋がしたい!』を届ける事が出来、とても嬉しく思っています。私自身も、劇場版として『中二病』の新たな世界に出会えて幸せな気持ちでいっぱいです。今後も、この幸せの気持ちを1人でも多くの方に届けられればと思います」、
上坂は「本作では、『中二病』の皆が成長し、どのキャラクターにも「大きくなったんだなぁ…」と感じる事が出来る作品になったと思います。いつまでも凸ちゃんには、トップの座を守り続けて欲しいです!」とのメッセージを寄せた。

そして石原監督は、「『中二病でも恋がしたい!』はTVシリーズから長く携われ、とても愛着がある作品となっています。なので、完全新作として劇場に届ける事ができて嬉しく思っております」といい、「僕自身もこちら側の人間なので…(笑)、作品を制作していて凄く楽しかったです。この楽しさが、皆様にも伝わればよいなと思います」と呼びかけた。

『映画 中二病でも恋がしたい! -Take On Me-』は、2018年1月6日より全国で公開中。

『映画 中二病でも恋がしたい! -Take On Me-』
(C)虎虎/京都アニメーション/中二病でも製作委員会
《仲瀬 コウタロウ》
【注目の記事】[PR]

編集部おすすめの記事

特集