2017年素晴らしかったTVアニメは?3位「けもフレ」2位「宝石の国」第1位は…? | アニメ!アニメ!

2017年素晴らしかったTVアニメは?3位「けもフレ」2位「宝石の国」第1位は…?

毎クール約50本以上のテレビアニメが放送され、イベント上映や劇場作品も多く上映された2017年。その中でどの作品が素晴らしかったのか、アニメ!アニメ!は読者アンケートを実施しました。今回は総合ランキングを発表します。

ニュース
(C)けものフレンズプロジェクト A
  • (C)けものフレンズプロジェクト A
  • TVアニメ『宝石の国』キービジュアル(C)2017 市川春子・講談社/「宝石の国」製作委員会
毎クール約50本以上のテレビアニメが放送され、イベント上映や劇場作品も多く上映された2017年。その中でどの作品が素晴らしかったのか、アニメ!アニメ!は読者アンケートを実施しました。

12月27日(水)から29日(金)までのアンケート期間中に559人から回答を得ました。男女比は男性約62パーセント、女性約38パーセントと男性が多め。年齢層は19歳以下が約40パーセント、20代が約30パーセントと若年層が中心でした。まずはテレビアニメの男女総合結果を発表します。

■ 1位は『エロマンガ先生』 電撃文庫のヒット作

1位は『エロマンガ先生』が選ばれました。支持率は9.7パーセント。若いファンがとくに多く、10代以下では13パーセントを記録しています。本作は高校生ライトノベル作家の和泉正宗と、挿絵担当のイラストレーターである妹・紗霧の交流を描いたコメディです。自室にひきこもっている妹の心配をする兄の優しさや、出版業界のコミカルなキャラクターたちによる掛け合いが反響を呼びました。
原作者は伏見つかさ、アニメーション制作はA-1 Pictures。『俺の妹がこんなに可愛いわけがない』のコンビが再びタッグを組んだことも話題となった作品です。「2017年春アニメで素晴らしかった作品は?」のアンケートで1位だった人気作が、年間ランキングでもトップに輝きました。

2位は『宝石の国』。支持率は8.2パーセント。20代以上に限れば11.7パーセントで1位に躍り出ます。本作は「月刊アフタヌーン」連載のファンタジーが原作。宝石の体を持つキャラクターたちが3DCGによって表現され、その美しい煌めきに注目が集まりました。
3位は『けものフレンズ』と『メイドインアビス』がランクイン。支持率は8.1パーセントでした。『けものフレンズ』は謎の動物園・ジャパリパークが舞台。動物をモチーフとした可愛らしいキャラクターがファンを魅了し、主題歌「ようこそジャパリパークへ」は音楽番組でも披露されるほどのブームになりました。
『メイドインアビス』は「WEBコミックガンマ」連載のマンガが原作。大穴・アビスの底を目指すリコとレグの冒険譚で、可愛らしい絵柄に反したシビアなストーリーで視聴者の驚きを誘いました。探検要素のある2作品が奇しくも同率で並んでいます。

年間ランキングは終了から日の浅い下半期の作品に票が集まりがちですが、『エロマンガ先生』は春、『宝石の国』は秋、『けものフレンズ』は冬、『メイドインアビス』は夏と開始時期が綺麗に分かれる結果となりました。トップ10圏内には続編が4作品ランクインしており、シリーズものの強さも伺えます。皆さんのお気に入り作品は何位にランクインしていますか? 続いては男性のみのランキングをご紹介します。お楽しみに。

[2017年に放送されたテレビアニメで素晴らしかった作品は?(男女総合)]
1位『エロマンガ先生』
2位『宝石の国』
3位『けものフレンズ』
3位『メイドインアビス』
5位『「進撃の巨人」Season 2』
6位『この素晴らしい世界に祝福を!2』
6位『魔法使いの嫁』
8位『小林さんちのメイドラゴン』
9位『NEW GAME!!』
9位『冴えない彼女の育て方♭』

(回答期間:2017年12月27日(水)~12月29日(金))

次ページ:ランキング20位まで公開
《高橋克則》
【注目の記事】[PR]

編集部おすすめのニュース

特集