実写映画「銀魂 パート2」佐藤二朗が違う役柄で再登場! 「橋本環奈よ。神楽は俺に任せるアル」 | アニメ!アニメ!

実写映画「銀魂 パート2」佐藤二朗が違う役柄で再登場! 「橋本環奈よ。神楽は俺に任せるアル」

ニュース

実写映画『銀魂』の続編として制作される『銀魂 パート2』(仮)は12月17日、「ジャンプフェスタ 2018」ジャンプスーパーステージの『銀魂』ステージにて新情報を発表。ビデオメッセージを寄せた福田雄一監督から、前作で武市変平太を演じた佐藤二朗が異なる役柄で出演することが明かされた。

ステージに登壇したのは、アニメ『銀魂』シリーズで主人公・坂田銀時役を務めている杉田智和のほか、志村新八役の阪口大助、神楽役の釘宮理恵という3名。彼らと来場者に向けて贈られた、映画版の銀時役・小栗旬と福田監督によるビデオメッセージの中で、佐藤が“鬼兵隊”の武市変平太とは異なる役柄で出演するとの情報が飛び出した。

福田監督の口から佐藤の出演が明かされると、場内は笑いで包まれ、小栗も思わず「いる?この情報?(笑)どうせこんなこったろうと思ったよ(笑)」と笑顔をこぼす。
そして福田監督は「“武市変平太は出ないけども、佐藤二朗は出る”というヒントで(銀魂の多数のエピソードの中の)何篇かを想像して頂けると非常に有り難いです」とも語り、続編への期待を煽った。

再登場が発表された佐藤は、次なる役柄について「俺の役は間違いなく、「神楽」だ。ちょっとそれ以外考えられない。いいだろう。心の準備はできている。橋本環奈よ。神楽は俺に任せるアル」と大胆予想。「前回空知先生から「佐藤二朗だけは原作を知らずに自由にやってよい」とのお言葉を頂いたが、神楽を演じるならそうもいかないアル。原作を熟読熟知し、原作ファンの皆様から「神楽の再現度、神」と言われたい。仏だが神と言われたい。俳優人生を賭けた「神楽」を楽しみに待ってろアル」と並々ならぬ意気込みを見せた。

前作では豪華キャストによる個性が豊かすぎる登場人物たちの中でも、爆発的な印象をもたらし大きな反響を呼んだ佐藤。今回はどんな役を演じるのか、ファンの大きな注目を集めることになりそうだ。

実写映画『銀魂 パート2』(仮)
2018年夏全国ロードショー

監督:福田雄一
原作:「銀魂」空知英秋(集英社「週刊少年ジャンプ」連載)
主演:小栗旬
製作:映画「銀魂」製作委員会 
制作プロダクション:プラスディー
配給:ワーナー・ブラザース映画 

(C)空知英秋/集英社 (C)2017映画「銀魂」製作委員会
《仲瀬 コウタロウ》
【注目の記事】[PR]

編集部おすすめの記事

特集