「弱虫ペダル GLORY LINE」総北メンバーがロックバンド結成!? 新EDテーマを担当 | アニメ!アニメ!

「弱虫ペダル GLORY LINE」総北メンバーがロックバンド結成!? 新EDテーマを担当

ニュース

『弱虫ペダル GLORY LINE』のエンディング主題歌アーティストとして、総北高校のメンバーがロックバンド“THE HIGH CADENCE(ザ・ハイケイデンス)”を結成。リードボーカルの小野田坂道がEDテーマ「Carry the Hope」を歌い上げる。ジャケットイラストでは、普段のユニフォームとは異なる姿が披露された。

ロックバンド“THE HIGH CADENCE”は、総北高校のインターハイレギュラーメンバーである小野田坂道(CV.山下大輝)、今泉俊輔(CV.鳥海浩輔)、鳴子章吉(CV.福島潤)、手嶋純太(CV.岸尾だいすけ)、青八木一(CV.松岡禎丞)、鏑木一差(CV.下野紘)の6人が結成したロックバンド…という設定だ。
「弱虫ペダル」シリーズのEDテーマにキャラクターソングが起用されるのは、第1期第3クール以来久々。新シリーズではレースだけでなく歌声でもファンを盛り上げていく。

ジャケットイラストでは、坂道がリードボーカル、今泉と鳴子がギター、手嶋がキーボード、青八木がベース、鏑木がドラム…と、それぞれが楽器を演奏する姿を披露。6人が軽音楽部員になったかのような注目の1枚だ。

EDテーマ「Carry the Hope」は2月14日発売。価格は1,500円(税抜)。なおオープニングテーマはロックバンド“Rhythmic Toy World”の新曲「僕の声」に決定している。

『弱虫ペダル GLORY LINE』
2018年1月8日テレビ東京ほか放送スタート

(C)渡辺航(週刊少年チャンピオン)/弱虫ペダル04製作委員会
《高橋克則》
【注目の記事】[PR]

編集部おすすめの記事

特集