劇場版「名探偵コナン」最新情報発表! 安室透がコナンの敵に? 疑惑の黒田兵衛はどう動く | アニメ!アニメ!

劇場版「名探偵コナン」最新情報発表! 安室透がコナンの敵に? 疑惑の黒田兵衛はどう動く

ニュース

劇場版「名探偵コナン」の最新情報が明らかになった。22作目のタイトルは『名探偵コナン ゼロの執行人』に決定。4月13日より全国東宝系にて公開される。ティザービジュアルには私立探偵・安室透が描かれており、原作屈指の人気キャラがどのような活躍を見せるのか、期待を煽る一枚に仕上がった。

【フォトギャラリー】劇場版「コナン」最新作、場面写真も見てみる?

劇場版「名探偵コナン」は2017年公開の21作『名探偵コナン から紅の恋歌』がシリーズ最高の興行収入68.8億円を記録。5作品連続で歴代興収を更新し続けており、最新作にも熱い注目が集まっている。

安室透は黒ずくめの組織のメンバー・バーボンとしても暗躍するが、その正体はは公安警察・降谷零というトリプルフェイスを使いこなす重要人物。
最新作『名探偵コナン ゼロの執行人』では、毛利小五郎が爆破事件の容疑者になってしまうという衝撃の展開の中、彼の逮捕を巡ってコナンと敵対する。果たして安室は敵なのか、味方なのか。そして安室の真の目的とは…。

原作者・青山剛昌描き下ろしのティザービジュアルには、決意の表情を浮かべる安室透と涙を手でぬぐう毛利蘭、そしてコナンたち少年探偵団の姿。
さらに同ビジュアルでは「黒ずくめの組織のNo.2のラムではないか?」と、ファンの間で噂されている警視庁管理官・黒田兵衛も初登場となった。新たなキャラクターの参戦でストーリーがどう動くのかも見逃せないポイントだ。

監督は『デス・パレード』『モブサイコ100』の立川譲が担当。「劇場版名探偵コナン」初監督のクリエイターが参加することで、年々激しくなるアクションもよりパワーアップするだろう。

『名探偵コナン ゼロの執行人』
2018年4月13日(金)全国ロードショー

[ストーリー]
東京サミット開催の地となる東京湾の新施設「エッジ・オブ・オーシャン」。サミットが開催される5日1日には、2万2千人もの警察官が出動するという超巨大施設で、ある日突如大規模爆破事件が発生!そこには、全国の公安警察を操る警察庁の秘密組織・通称「ゼロ」に所属する安室透の影があった。サミット当日ではなく事前に起きた爆破事件と、秘密裏に動く安室の不可解な行動に違和感を禁じ得ないコナン。その時、現場の証拠物に残された指紋が、かつて警視庁に在籍していた毛利小五郎の指紋と一致してしまう!これは何かの陰謀なのか。小五郎の逮捕を巡って敵対し始めるコナンと安室。果たして謎の存在・安室透は、敵なのか、味方なのか?

[スタッフ・キャスト]
原作:青山剛昌「名探偵コナン」(小学館「週刊少年サンデー」連載中)
監督:立川譲
脚本:櫻井武晴
音楽:大野克夫
声の出演:高山みなみ、山崎和佳奈、小山力也、古谷徹 ほか
製作:小学館/読売テレビ/日本テレビ/ShoPro/東宝/トムス・エンタテインメント
配給:東宝

(C)2018 青山剛昌/名探偵コナン製作委員会
《高橋克則》
【注目の記事】[PR]

編集部おすすめの記事

特集