「劇場版 はいからさん」後編の監督が変更 ウェディングドレス姿の紅緒も公開 | アニメ!アニメ!

「劇場版 はいからさん」後編の監督が変更 ウェディングドレス姿の紅緒も公開

ニュース

『劇場版 はいからさんが通る 後編 ~花の東京大ロマン~』の監督交代が発表された。『打ち上げ花火、下から見るか横から見るか』で助監督を務めた城所聖明が担当する。それにあわせて、後編の場面写真も公開された。ウェディングドレスを身につけた主人公・花村紅緒の美しい1枚となっている。

『はいからさんが通る』は「週刊少女フレンド」にて1975年から77年にかけて連載された少女マンガ。男勝りな少女・花村紅緒と陸軍少尉・伊集院忍の恋を描いた大正ロマンとして人気を博し、シリーズ累計発行部数は1200万部を突破する大ヒット作となった。1978年にはTVアニメの放送がスタート。その後も実写映画やテレビドラマなどメディアミックス展開されてきた名作である。
原作の連載40周年を記念して、新作劇場アニメとして前後編でのアニメ化が決定。「前編 ~紅緒、花の17歳~」は11月11日公開され、「後編 ~花の東京大ロマン~」は2018年内のロードショーを予定している。

このたび後編の監督交代が伝えられた。当初は加瀬充子と発表されていたが、城所聖明が担当することになった。『打ち上げ花火、下から見るか横から見るか』で助監督を務め、『3月のライオン』や『しろくまカフェ』で演出を手がけたクリエイターが人気少女マンガの映像化する。
後編の場面写真ではウェディングドレス姿の紅緒が確認できた。瞳を閉じた落ち着いた表情で、普段のおてんばな彼女とは思えないほどだ。『はいからさんが通る』の旧TVアニメシリーズは未完のまま最終回を迎えたが、後編では原作のラストエピソードまで描かれる。紅緒と少尉の恋の結末は一体どうなるのだろうか。

『劇場版 はいからさんが通る 後編 ~花の東京大ロマン~』
2018年公開予定

[スタッフ]
監督:城所聖明
脚本:古橋一浩
音楽:大島ミチル
アニメーション制作:日本アニメーション
製作:劇場版「はいからさんが通る」製作委員会
配給:ワーナー・ブラザース映画

(C)大和和紀・講談社/劇場版「はいからさんが通る」製作委員会
《高橋克則》
【注目の記事】[PR]

編集部おすすめの記事

特集