男性声優×ラップ「ヒプノシスマイク」謎の作詞家“好良瓶太郎”の正体は? 関智一が明かす | アニメ!アニメ!

男性声優×ラップ「ヒプノシスマイク」謎の作詞家“好良瓶太郎”の正体は? 関智一が明かす

ニュース

男性声優12人によるラップソング企画『ヒプノシスマイク -Division Rap Battle-』の第一弾CD「Buster Bros!!! Generation」にて収録されているリード曲「俺が一郎」で作詞を務めた謎の人物“好良瓶太郎(コウラビンタロウ)”は、木村昴であったことが判明。文化放送のラジオ番組「ユニゾン!」内で、パーソナリティーの関智一とゲスト出演した木村によって明かされた。

「俺が一郎」は、木村が企画中キャラ“山田一郎”として歌うナンバー。作詞クレジットに“好良瓶太郎”という謎の人物の名前が記されていたが、これは木村にとっての師匠である関が名付けたものとのこと。この「俺が一郎」は、木村にとった初の作詞作品だ。

また第一弾映像としてMusic Videoも公開されていたアンセムソング“Division All Stars「ヒプノシスマイク -Division Rap Battle-」”は、11月3日からの発売・配信が決定。さらにオフィシャルサイトでは11月2日より、ヨコハマ・シンジュク・シブヤの各ディビジョンキャラクターを描いた彩色イラストとプロフィールが毎日更新される予定となっている。

《仲瀬 コウタロウ》
【注目の記事】[PR]

編集部おすすめの記事

特集