「池ハロ2017」2日間でコスプレイヤー1万4千人が集結 来場者数は8万人を記録 | アニメ!アニメ!

「池ハロ2017」2日間でコスプレイヤー1万4千人が集結 来場者数は8万人を記録

ニュース

動画サービス「niconico」とアニメイトが主催する「池袋ハロウィンコスプレフェス実行委員会」は、10月28日・10月29日にわたり「池袋ハロウィンコスプレフェス2017」を開催した。史上初めて悪天候に見舞われた2日間となったが、イベントには8万人が来場。池袋東口エリアを中心に、1万4千人のコスプレイヤーが秋の街を彩った。

イベント初日のオープニングセレモニーには、シャア・アズナブルに扮した豊島区・高野之夫区長をはじめ『ゼルダの伝説』のリンクに扮したドワンゴ専務取締役・横澤大輔氏、『銀魂』の近藤勲に扮したアニメイトホールディングス代表取締役・阪下實氏が登壇。
高野区長は「今年はシャアのような戦士の気持ちで皆様と一緒に盛り上げていきたいと思います!」と会場を沸かせたほか、今年初めて「beyond2020プログラム」に認証された本イベントについて「東京オリンピック・パラリンピック2020に向けて、街中でアニメ・コスプレなどを存分に楽しみながら皆様がより訪れたくなる安心・安全な街を目指してさらにイベントを盛り上げていきたいと思っております」と語り、池袋から世界に向けて文化発信していくことを力強く宣言した。

今年初となる「池ハロコスプレパレード」では、約250人のコスプレイヤーがサンシャイン通りとサンシャイン60通りのレッドカーペットを行進。ブラスバンド隊が先導したコスプレイヤーの列には大勢の見物客からカメラが向けられ、色とりどりのコスプレイヤーたちもポージングで応じてみせた。
このほか初音ミクや鏡音リン・レンといったボーカロイドキャラクターが集まったコラボギャザリングや、「J-WORLD TOKYO」とのコラボレーションなどの新企画が実施されただけでなく、今回から撮影スポットとして開放された南池袋公園を含む街中のいたるところで撮影会や交流が行われた。

また東池袋中央公園で開催された特設メインステージでは、今年も抽選で誰でも参加できるフリーステージが行われ、お気に入りのキャラクターに扮したコスプレイヤーがステージランウェイに出演。「本物みたいだ!」「原作忠実w」「池袋らしい」と終始盛り上がるニコニコ生放送のコメントを背に、自慢の衣装に身を包んだ参加者がウォーキングを存分に楽しんだ。さらに昨年から始まった親子コスプレイヤー限定のステージ「親子でハロウィン」も実施され、「かわいいww」「癒しだなあ」といった数多くのコメントが寄せられた。

「池袋ハロウィンコスプレフェス2017」
開催日時: 2017年10月28日(土)、10 月29 日(日)
参加費: 参加・観覧無料
     ※コスプレ更衣室利用料・荷物置場利用料 1000円(税込)
《仲瀬 コウタロウ》
【注目の記事】[PR]

編集部おすすめの記事

特集