映画「KUBO」日本語版吹き替え映像が初公開 矢島晶子&田中敦子ら実力派声優が熱演 | アニメ!アニメ!

映画「KUBO」日本語版吹き替え映像が初公開 矢島晶子&田中敦子ら実力派声優が熱演

ニュース

11月18日より新宿バルト9ほかにて全国ロードショーを迎えるアニメーション映画『KUBO/クボ 二本の弦の秘密』の日本語版吹き替え映像が初公開。矢島晶子や田中敦子といった実力派声優や、ピエール瀧、川栄李奈などバラエティ豊かな声優陣の演技を確認できる。

『KUBO/クボ 二本の弦の秘密』は、『ティム・バートンのコープスブライド』、『コララインとボタンの魔女』などを製作してきたスタジオライカによる最新作。人形や美術を1コマ1コマ動かすストップモーションによって、古き良き日本の情感あふれる風景や風習を描き出す。
すでに本作はアカデミー賞やゴールデン・グローブ賞にノミネートしているほか、アニメ映画界のアカデミー賞と呼ばれるアニー賞でもノミネートを果たすなど、日本国外で高い評価を得ている。

日本語吹き替え版には、『クレヨンしんちゃん』のしんのすけ役でお馴染みの矢島晶子や、『攻殻機動隊』シリーズの草薙素子役などで活躍する田中敦子といった声優陣が出演。そのほかピエール瀧、川栄李奈といったバリエーション豊かな面々が揃っている。


矢島晶子が担当するのは折り紙に命を与え、意のままに操るという不思議な力を持つ少年・クボ。幼い頃から闇の魔力を持つ祖父に狙われ、両親を失っていたクボは、闇の魔力から逃れつつ父母の仇を討つ準備を進める。その道中で出会うのが、田中敦子演じるサルだ。

ピエール瀧はお茶目でどこか可愛らしい弓の名手・クワガタを好演。普段は実写映画で強面役を演じることも多いピエール瀧だが、今回は正反対のキャラクターを担当している。
そして川栄李奈は、本作における悪役“闇の姉妹”を演じる。映像の中でも、闇の姉妹がクボに襲いかかるというダークなシーンが確認できる。
こちらもピエール瀧と同様に、テレビで見せる個性とは正反対の川栄李奈を楽しめそうだ。

もちろん本作が持つCGアニメーションの美しさ、ノンストップで繰り広げられるアクションにも注目したい。本編の一部だけでも、その仕上がりを充分に感じ取れるだろう。

『KUBO/クボ 二本の弦の秘密』
(C)2016 TWO STRINGS, LLC. All Rights Reserved.
《ユマ》
【注目の記事】[PR]

編集部おすすめの記事

特集