原哲夫「マッチョで強靭な男の肉体美をまた…」 「蒼天の拳」新作アニメが制作決定 | アニメ!アニメ!

原哲夫「マッチョで強靭な男の肉体美をまた…」 「蒼天の拳」新作アニメが制作決定

ニュース

『北斗の拳』35周年企画の第3弾として、『蒼天の拳』の新作アニメ制作が決定。本作では、原作者・原哲夫による監修のもと、最強の北斗神拳伝承者・霞拳志郎の生き様を描く。今回、原のインタビューも公開され、「マッチョで強靭な男の肉体美をまた描きたいと思っていた」と熱いコメントを寄せた。

『蒼天の拳』は『北斗の拳』の過去を描いたマンガで、2001年から2010年にかけて「週刊コミックバンチ」に連載された人気作である。10月25日発売の「月刊コミックゼノン」12月号からは第2部『蒼天の拳 リジェネシス』の連載がスタート。原が初めて主人公の死に様を描くことで注目を集めている。北斗1800年の歴史上最強と呼ばれた第62代北斗神拳伝承者・霞拳志郎がどのような生き様を見せるのだろうか。

新作アニメは『蒼天の拳 REGENESIS』のタイトルで、2018年4月よりTOKYO MXほかにて放送開始となる。公式サイトでは原哲夫のインタビューを掲載されているので、是非チェックして欲しい。マンガとアニメで展開する新たなストーリーに要注目だ。

TVアニメ『蒼天の拳REGENESIS』
2018年4月よりTOKYO MXほかにて放送開始

(C)原哲夫・武論尊/NSP 2001, (C)八津弘幸・辻秀輝 2017
《高橋克則》
【注目の記事】[PR]

編集部おすすめの記事

特集