「PEACE MAKER 鐵」梶裕貴のナレーションによる特報映像が公開 | アニメ!アニメ!

「PEACE MAKER 鐵」梶裕貴のナレーションによる特報映像が公開

ニュース

ティザービジュアル(C)黒乃奈々絵/マッグガーデン・PEACE MAKER 鐵 製作委員会
  • ティザービジュアル(C)黒乃奈々絵/マッグガーデン・PEACE MAKER 鐵 製作委員会
  • 特報(C)黒乃奈々絵/マッグガーデン・PEACE MAKER 鐵 製作委員会
  • 特報(C)黒乃奈々絵/マッグガーデン・PEACE MAKER 鐵 製作委員会
劇場アニメ『PEACE MAKER 鐵』は前篇『PEACE MAKER 鐵 ~想道~』が2018年6月2日、後篇『PEACE MAKER 鐵 ~友命~』が2018年秋のロードショーを予定している。このたび、前編の特報が公開された。梶裕貴のナレーションから始まる45秒の映像を楽しめる。

『PEACE MAKER 鐵』は黒乃奈々絵が手がけるマンガが原作だ。『新撰組異聞PEACE MAKER』の続編にあたる作品で、新選組隊士・市村鉄之助を主人公に、幕末動乱の時代を描いている。2003年にTVアニメ化、2007年に舞台化、2010年にドラマ化とメディアミックスでも人気の話題作である。
劇場版の監督は『TIGER&BUNNY』や『マギ』で演出を務めた竹内浩志が担当。シリーズ構成には『Re:ゼロから始める異世界生活』で脚本を手がけた梅原英司、アニメーション制作は『刀語』『シュタインズ・ゲート』のWHITE FOXが行う。

特報は市村鉄之助役の梶裕貴によるナレーションからスタート。「それでも、僕らはその歩みを止めることを許されなかった……」という言葉とともに、原作のコマが映し出されていく。アニメ映像では静かな京都の街並みや、新撰組の仲間たちが過ごす平和な日常が確認できたが、鉄之助はどこか浮かない表情を浮かべている。
最後は「今この瞬間ですら、恋しく思う時が来る」という意味深な言葉で締められた。彼らを待ち受ける過酷な戦いを予感させる出来映えである。10月13日にはコミックス第13巻もリリースされた。価格は571円(税込)だ。最新巻を楽しんで、来年のロードショーに備えたい。


『PEACE MAKER 鐵 ~想道(オモウミチ)~』 2018年6月2日劇場公開
『PEACE MAKER 鐵 ~友命(ユウメイ)~』 2018年秋 劇場公開予定

(C)黒乃奈々絵/マッグガーデン・PEACE MAKER 鐵 製作委員会
《高橋克則》
【注目の記事】[PR]

編集部おすすめの記事

特集