「けものフレンズ」たつき監督降板騒動、公式が経緯説明! 制作会社と“作品利用”で対立 | アニメ!アニメ!

「けものフレンズ」たつき監督降板騒動、公式が経緯説明! 制作会社と“作品利用”で対立

ニュース

9月27日、TVアニメ『けものフレンズ』の公式サイト「けものフレンズプロジェクト」にて、映像化プロジェクトに関する報告が発表された。TVアニメを手がけたアニメーション制作会社・ヤオヨロズが制作を辞退し、体制を一から模索していることが明らかになった。

『けものフレンズ』のたつき監督は、9月25日に自身のTwitterで「突然ですが、けものフレンズのアニメから外れる事になりました」と新規映像化プロジェクトに参加しないことを明かした。その理由については「ざっくりカドカワさん方面よりのお達しみたいです」と投稿し、ファンの憶測を呼ぶ騒ぎとなっている。

それを受けて公式サイトは、9月27日に声明を発表。「『けものフレンズ』に関しまして、すでに新規映像化プロジェクトの制作を発表させていただいておりますが、発表当初より同体制での継続か、新体制での新たな表現かも合わせて検討中で、現時点においてもまだ何も決定していない状況です」と報告した。
当初は2017年1月から3月にかけて放送されたTVアニメ版のスタッフによる制作を検討していたが、「アニメーション制作会社であるヤオヨロズ株式会社より8月に入った段階で辞退したい旨の話を受け、制作体制を一から模索することになっているのが現状です」とコメント。

ヤオヨロズが辞退した経緯については「アニメーション制作を担当していただきましたヤオヨロズ株式会社には、関係各所への情報共有や連絡がないままでの作品利用がありました」と明かし、「映像化プロジェクトとしては次回の制作を引き続きお願いしたかったため、情報は事前に共有してほしい旨の正常化を図る申し入れをさせていただきましたが、ヤオヨロズ株式会社からは、その条件は受け入れられないので辞退したい、とのお返事でございました」と説明。

そして「けものフレンズプロジェクトは今後も御協力をいただく皆様と共に作品を守り、ファンを守り、動物たちのことをもっと知ってもらう活動をこれからも初志貫徹、続けていく所存です。映像化に関しましても、改めて、そしてできるだけ早くご報告できるよう進めて参ります」と発表を結んだ。


『けものフレンズ』
(C)けものフレンズプロジェクト A
《高橋克則》
【注目の記事】[PR]

編集部おすすめの記事

特集