新ブランド「スタジオジブリのあの服」トトロらお馴染みキャラが一点ものアイテムに | アニメ!アニメ!

新ブランド「スタジオジブリのあの服」トトロらお馴染みキャラが一点ものアイテムに

ニュース

9月15日、スタジオジブリのキャラクターを用いたファッションブランド「スタジオジブリのあの服」の商品販売がスタートした。手刺繍による一点物の子供服をラインナップしており、代官山 蔦屋書店では服育ワークショップも行われる。

「スタジオジブリのあの服」はファッションデザイナーの神田恵介と森永邦彦が設立した株式会社あの服と、アニメーション制作会社・スタジオジブリがコラボレーションしたファッションブランドである。ブランドの大きな特徴は大量生産品ではなく、丁寧な手仕事を加えた子供服をメインとしている点だ。ヴィンテージウェアに刺繍を施して服に新しい命を吹き込み、一点物のアイテムを送り出している。
刺繍には『となりのトトロ』のトトロやまっくろくろすけ、『魔女の宅急便』のキキや黒猫のジジ、『天空の城ラピュタ』の飛行石など、様々なキャラクターやアイテムを用いた。胸元にトトロと猫バスが大きく刺繍されたセーターや、ジジが顔を覗かせているボーダーTシャツ、黒のドット柄にまっくろくろすけが一匹迷い込んだトートバッグなど、どれも遊び心あるデザインに仕上がった。ラインナップはキッズが中心だが、大人向けのアイテムも用意されている。
商品は「スタジオジブリのあの服」公式サイトにて販売中。店舗販売は代官山 蔦屋書店が10月31日、中目黒 蔦屋書店が10月5日までを予定している。

なお代官山 蔦屋書店では服育ワークショップも開催する。9月18日に全4回を予定している。参加料金は無料で、定員は各回5組まで。参加受付はイベント当日に1号館2階で行う。ヴィンテージウェアがどのように作られるのかを間近で体験できそうだ。

「ジブリのあの服」
代官山 蔦屋書店
販売期間:9月15日(金)~10月31日(火)

中目黒 蔦屋書店
販売期間:9月15日(金)~10月5日(木)

「ジブリのあの服」ワークショップイベント
会場:代官山 蔦屋書店
日時:9月18日(月) 第1回13:00~13:30、第2回13:30~14:00、第3回14:00~14:30、第4回14:30~15:00
定員:各回5組
参加料金:無料
申込方法:イベント当日に代官山 蔦屋書店1号館2階にて受付
《高橋克則》
【注目の記事】[PR]

編集部おすすめの記事

特集