「鋼の錬金術師」アニメ声優×実写キャスト 朴ロ美&釘宮理恵、実写映画化への思い | アニメ!アニメ!

「鋼の錬金術師」アニメ声優×実写キャスト 朴ロ美&釘宮理恵、実写映画化への思い

ニュース

実写映画『鋼の錬金術師』(12月1日公開)でウィンリィ役を演じる本田翼と、大ヒットを記録したアニメ版にてエド役を務めた朴ロ美、アル役の釘宮理恵が一堂に会した3ショットが実現。本田は『ハガレン』の魅力を語り、朴と釘宮は実写化についての思いを明かした。

『鋼の錬金術師』は、幼き日に最愛の母親を亡くした兄・エドと弟・アルの波乱に満ちた冒険と成長を描き、原作コミックの発行部数が世界累計7,000万部を超える人気作。
実写版でウィンディを演じるにあたり、撮影前に原作を読み返したという本田は「『ハガレン』って子供はもちろん、大人になってからまた楽しめる作品なんだなって、改めて思いましたね。兄弟愛も素敵だし、敵キャラクターも含めみんな魅力的なところも大好きなところです」と、『ハガレン』への愛を語る。

アニメ版でエドを演じた朴は「実写化と聞いた時にすごくうれしかったんです。“実写化するんだ、どの監督さんがどういうふうに作るんだろう”って思ってたら、曽利文彦監督だって聞いて、驚いて」と語り、「曽利さんとは昔お仕事を一緒にさせて頂いたことがあるんです。でもこれを実写化するのってすごく大変だろうなとも思ったんだけど、トレイラー第1弾を見せていただいたとき、『めっちゃくちゃいいじゃん! もうこのまま行っちゃいなよこの世界観で!』って思いました」と、予告映像を見た時の気持ちを振り返る。

一方、アルを演じた釘宮さんは「私も実写化と聞いてどうなるんだろうと思っていたんですけど」と当時の胸中を明かしつつも「映像を見たら本当にリアルで。撮影が大変だっただろうなって思ったし、愛情や労力のかけ方がひしひしと伝わってくる映像になっていたので、ありがたいなぁと思いました。懐かしい気にもなりますし、汽車のシーンから始まって、緑がバーっと広がっていくシーンはそのままでしたよね」と、本作に太鼓判を押した。

映画『鋼の錬金術師』12月1日ロードショー

(C)2017 荒川弘/SQUARE ENIX (C)2017 映画「鋼の錬金術師」製作委員会
《ユマ》
【注目の記事】[PR]

編集部おすすめの記事

特集