「宇宙戦艦ティラミス」TVアニメ化、イケメンパイロットがコクピットに引きこもるSFギャグ | アニメ!アニメ!

「宇宙戦艦ティラミス」TVアニメ化、イケメンパイロットがコクピットに引きこもるSFギャグ

ニュース

「くらげバンチ」(新潮社)にて連載中の『宇宙戦艦ティラミス』のTVアニメ化が決定した。アニメーション制作はGONZOが担当し、2018年に放送される。

『宇宙戦艦ティラミス』は、新潮社が提供するWEBマンガサイト「くらげバンチ」で連載中のSFギャグマンガ。専用機「デュランダル」のコックピットに引きこもるイケメンパイロット“スバル・イチノセ”を主人公に、思春期まっただ中の彼が母艦「宇宙戦艦ティラミス」の仲間たちと繰り広げる宇宙での日常生活が描かれていく。
ギャグマンガファンからは「シリアスなSF漫画だと思っていたら、気持ちの良いくらいのギャグだった」「画力の無駄遣い(褒め言葉)」といった支持を集めており、宝島社の「このマンガがすごい!WEB」でも2016年7月のオトコ編で第3位に輝いた人気作品だ。

このたび2018年のオンエアが発表されたTVアニメは、『SAMURAI7』や『ラストエグザイル』のGONZOがアニメーション制作を担当。9月7日より公式サイトも開設され、原作マンガで作画を手掛ける伊藤京描き下ろしの最新ビジュアルも公開された。
またアニメ化決定を受け、『宇宙戦艦ティラミス』原作の宮川サトシは「スバルやイスズが画面狭しと宇宙を駆け回るシーンも、串カツの衣がコックピットに散らばるシーンも、どちらも想像しただけで笑えてきます。新たな『宇宙戦艦ティラミス』の魅力が、GONZOさんの手によって存分に引き出されることを期待しています」とのコメントを発表。伊藤も「自分の手から生まれたビジュアルが、アニメーションとして動き、声を持ち、闘う姿を見ることは、ひとつの憧れとしてずっとありました。今回、GONZOのスタッフさんのお力によって念願が叶い、とても光栄に思います」と喜びを語っている。
“イケメン×SFギャグアニメ”はどのような作品となるのか、今後の続報に期待が膨らんでいく。

『宇宙戦艦ティラミス』
放送:2018年
原作:宮川サトシ 伊藤京(新潮社「くらげバンチ」連載)
アニメーション制作:GONZO

(C)宮川サトシ 伊藤亰・新潮社/『宇宙戦艦ティラミス』製作委員会
(C)宮川サトシ 伊藤亰/新潮社
《仲瀬 コウタロウ》
【注目の記事】[PR]

編集部おすすめの記事

特集