「キンプラ」女子祭、男子祭、全員祭のいずれも大盛況 お手本ボイス上映も決定 | アニメ!アニメ!

「キンプラ」女子祭、男子祭、全員祭のいずれも大盛況 お手本ボイス上映も決定

ニュース

8月29日、『KING OF PRISM -PRIDE the HERO-』の舞台挨拶付上映が新宿バルト9にて開催された。女子限定の女子祭、男子限定の男子祭、男女が参加できる全員祭の全3回が行われ、いずれも大盛況となった。

『KING OF PRISM -PRIDE the HERO-』のイベントは女子祭、男子祭、全員祭とすべてのチケットが完売。ゲストには本作の前身である『プリティーリズム・レインボーライブ』から、彩瀬なる役の加藤英美里と小鳥遊おとは役の後藤沙緒里が登壇した。
女子祭では黄色い声が、男子祭では正反対の猛々しい声があがり、感極まった後藤が涙する一幕も。加藤は「キンプリなのに、男性ばかりなのは新鮮ですね」と笑顔を見せた。

本作ではキャラクターになりきって吹替を楽しめるプリズム☆アフレコが人気を博している。イベントでは『プリティーリズム・レインボーライブ』のキャストによるお手本ボイス入りのスペシャルバージョンが公開された。
プリリズ時代より少し大人になったなるを演じた加藤は「私もみなさんと同じく、恋する女の子のひとりとして声をあてさせていただきました。登壇前、舞台袖で待機している時にみなさんの喜ぶ声が聞こえて、グッときましたね」とコメント。イベントでは二人がプリズム☆アフレコを本気で楽しむコツもレクチャーした。
加藤は「距離感が大事! ヒロ様が目の前にいる! と思って楽しんでください。前の席のお客さんの後頭部をヒロ様に見立てて!」とファンの笑いを誘う。後藤は「口パクに合わせようと意識しすぎないで、その時の感情を大切にして欲しいですね。大好きの気持ちを込めたら、自然と合います! このゾーンに入ったら、気持ち良くプリズム☆アフレコできるはずです」とメッセージを伝えた。
なおお手本ボイス入りのバージョンは9月2日から9月8日までの期間限定で上映される。価格は1600円で、本編はBlu-rayでの上映となる。

『KING OF PRISM -PRIDE the HERO-』プリズム☆アフレコ お手本ボイス上映
日時:2017年9月2日(土)~9月8日(金)

[会場]
ディノスシネマズ札幌劇場
新宿バルト9
川崎チネチッタ
シネプレックス幕張
シネシティザート
イオンシネマ名古屋茶屋
梅田ブルク7
T・ジョイ博多

(c)T-ARTS / syn Sophia / エイベックス・ピクチャーズ / タツノコプロ / キングオブプリズムPH製作委員会
《高橋克則》
【注目の記事】[PR]

編集部おすすめの記事

特集